第10期評議員選挙を実施中です。会員の方は投票をお願いします。

学会からのお知らせ

  • We are pleased to announce that travel awards to our annual meeting are once again available.

    The RNA Society provides travel fellowships in support of researchers who are constrained financially from attending our conference. In most cases, the fellowships will be made in the form of reduced or waived registration fees, although it is possible that some contribution toward travel costs could be made in addition to the fee waiver. Travel reimbursement, if awarded, will be presented in the form of a check that you pick up with your conference materials, or as a credit card reimbursement or an electronic funds transfer from the RNA Society shortly after the close of the conference.

  • 第10期評議員選挙管理委員会

    日本RNA学会第10期評議員選挙を、会則第11条および細則第7条にしたがって下記の選挙要項のとおり実施しますのでご案内します。前期から投票を学会ウェブサイトの専用ページにてオンラインで行っておりますので、以下の注意事項をよくご確認ください。会員のみなさまのご協力をお願いします。

  • 日本RNA学会 会員の皆様

    平素より、2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)にご協力いただき、誠にありがとうございます。

    さて、本大会では大会3日目に特別フォーラム「生命科学系学会の合同年次大会の役割を考える」を開催いたします。
    本フォーラムでは、今回の試みの検証を含め生命科学分野における学会の年次大会の意義及びあるべき姿などについて議論いたします。
    詳細については、下記の通りです。

    *日本RNA学会は、協賛学会としてConBio2017に参加します。
    日本RNA学会員は、日本分子生物学会または日本生化学会に入会していなくても、会員価格でConBio2017に参加でき、オンデマンド配信も視聴可能です。

 すべての「学会からのお知らせ」を見る

公募情報等

 すべての「公募情報」を見る

会報 最新号より

  • 冨川 千恵(愛媛大学大学院・理工学研究科)

     松山城のお堀の周りを早朝にランニングしていると、眠っている白鳥の姿を見ることができます。「へー、白鳥ってこんな寝方をするんだ」人は、知っているようで知らないことがたくさんあるということに、改めて気づかされます。私が初めてRNA学会に参加したのは2007年、名古屋国際会議場「白鳥ホール」。今年の富山開催で、RNA学会10年目。まだまだRNAについて知らないことだらけです。申し遅れましたが、愛媛大学大学院・理工学研究科の冨川千恵と申します。以降、駄文が続きますが、お許しください。 

  • 栁谷 朗子(沖縄科学技術大学院大学・細胞シグナルユニット)

    沖縄で世界最高水準の研究をしよう

    2017年4月より、沖縄科学技術大学院大学(Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University、以下OIST)・細胞シグナルユニット(山本雅教授)で研究員として研究に従事している栁谷朗子と申します。今回は沖縄での研究室紹介をさせて頂ける機会を与えて頂き、大変嬉しく思います。長年にわたるカナダ・モントリオールのマギル大学から移動し、寒冷なカナダとは全く気候の異なる温暖な沖縄でマウスモデルを使用した転写後調節の研究を楽しんでいます。

  • 三嶋 雄一郎(東京大学分子細胞生物学研究所)

    この度、日本RNA学会の推薦をいただき、平成29年度文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞することができました。塩見会長をはじめ評議委員のみなさま、ご推薦いただいた先生方、庶務幹事の相馬さん、これまでお世話になった会員のみなさまに、この場を借りて厚く御礼申し上げます。学生の頃から今日までRNA学会に育てていただいた身としては、今回の受賞でようやく少しだけ恩返しできたのかなと、喜びよりも安堵の気持ちを感じております。

 すべての「会報」を見る

論文・出版物

入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: