学会からのお知らせ

  • 本学会の正会員であり、第9期会長をつとめた塩見美喜子博士(東京大学)が、EMBO Associate Member 2018に選出されました。EMBOメンバーには、世界的に顕著な業績を上げ、研究者コミュニティーにも多大な貢献をされているEU以外の国の研究機関所属の研究者が選出されます。新たに就任した62名のメンバーのうち、22名が女性です。

  • 標記の表彰について、木原記念横浜生命科学振興財団から学術賞の受賞候補者の推薦の依頼がありましたのでお知らせします。日本RNA学会長からの推薦を希望される正会員の方は、推薦事務要領を熟読の上、下記のとおり応募書類の提出をお願いします。

  • 本学会の正会員である東京大学理学部の濡木理教授が、春の叙勲にて紫綬褒章を受章されました。濡木会員は日本RNA学会設立当初から主要な会員として、長年、本学会の発展および日本のRNA研究の発展に多大な貢献をされました。これまでのご厚誼に感謝すると同時に、このたびのご受章をこころよりお祝いいたします。

    平成30年5月1日 日本RNA学会第9期会長 塩見 美喜子 第10期会長 鈴木 勉

 すべての「学会からのお知らせ」を見る

公募情報等

 すべての「公募情報」を見る

会報 最新号より

  • 日本RNA学会会報

    日本RNA学会第8期・第9期の編集幹事をつとめました、北畠です。

    4年の間、RNA学会会報の編集を担当していました。いつもぎりぎりのスケジュールで突然にご寄稿依頼をお送りすることになってしまいましたが、こころよく執筆を快諾いただいた執筆者のみなさま、本当にありがとうございました。また、わたしの計画性のなさから、十分な執筆時間をご用意できない状態での依頼となってしまい、結果としてご寄稿がかなわなかった方々も多数いらっしゃいました。大変失礼いたしました。執筆者の方々、読者の方々、裏方で一緒に支えてくれた方々、RNA学会の会員・非会員を問わず、たいへん多くの方々に会報のために貴重なお時間をさいていただきました。みなさまのご協力により、多様性に富んだ会報の発行を続けることができました。ありがとうございました。

  • 平島 智貴(京都工芸繊維大学)

    京都工芸繊維大学 応用生物学専攻 染色体工学研究室 修士1年の平島 智貴と申します。今回2017年11月8日から10日にかけての3日間、滋賀県比叡山延暦寺会館にて開催されたRNAフロンティアミーティング2017(フロンティアミーティング)に参加させていただきましたので、その経験を学生参加者の視点からご報告させていただきます。

  • 中武 誠真(熊本大学)

    熊本大学自然科学研究科理学専攻生命科学コースの中武誠真です。比叡山延暦寺で開催されたRNAフロンティアミーティング2017に参加させていただいたので、得られた体験から3つのことに焦点を当ててご報告させていただきます。

 すべての「会報」を見る

論文・出版物

入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: