学会からのお知らせ

 すべての「学会からのお知らせ」を見る

公募情報等

 すべての「公募情報」を見る

会報 最新号より

  • 塩見 美喜子(日本RNA学会会長)

    一昨日、モスクワから戻りました。すでに5回目の訪問でしたが、初春(3月)は2回目。昨年も、ちょうど今頃モスクワでしたが、気候は今年の方が断然厳しく、最終日の最高気温はマイナス8度でした。路肩は雪の大山小山の連続。公園は一面の雪。手袋をしていても指先が痛く感じられましたが、ブランコを漕ぐ子供は満面の笑み、ハスキー犬はもっと大喜びで、まるでウサギのように雪の上を飛び跳ねていました。慣れとはおそろしいものです。いつだったか、先方からもらったメールに、先週まではマイナス30度だったけれど、マイナス20度になったから、スキーに行きたいのだけれど、wifeが許してくれない、というのがありました。彼は御歳83歳(写真参照)。モスクワは意外にも平坦で、よってノルディックですが、それにしてもスキーに行きたいとは、恐るべし、かな、よきかな。来年度も訪問予定ですが、秋が良いというので、その頃にしようかな、と思案しているところです。言葉はお互い流暢ではありません。が、それでも双方のpiRNA研究の進捗や技術を分かち合うのは楽しく、学生の発表のスキル向上にも繋がっています。

  • 平島 智貴(京都工芸繊維大学)

    京都工芸繊維大学 応用生物学専攻 染色体工学研究室 修士1年の平島 智貴と申します。今回2017年11月8日から10日にかけての3日間、滋賀県比叡山延暦寺会館にて開催されたRNAフロンティアミーティング2017(フロンティアミーティング)に参加させていただきましたので、その経験を学生参加者の視点からご報告させていただきます。

  • 中武 誠真(熊本大学)

    熊本大学自然科学研究科理学専攻生命科学コースの中武誠真です。比叡山延暦寺で開催されたRNAフロンティアミーティング2017に参加させていただいたので、得られた体験から3つのことに焦点を当ててご報告させていただきます。

 すべての「会報」を見る

論文・出版物

入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: