青葉賞・優秀賞について

目的
日本のRNA研究を担う大学院生(および学部生)の育成を目的として、若手研究者による優れた研究発表を顕彰します。

顕彰方法および賞の選考
1.顕彰方法等
年会における学生正会員の発表(口頭およびポスター)に対し、最優秀賞「青葉賞」または優秀賞として毎年それぞれ数名を顕彰します。
大学院生および学部生による全ての発表が対象となります。日本のRNA研究を担う学生の、意欲あふれる発表を心待ちにしています。

「青葉賞(最優秀発表賞)」:2名以内

  • 副賞として、賞状の贈呈と次年度の年会までの期間中に行う海外での成果発表の為の資金助成を行います。
  • 受賞者は年会最終日終了後に審査員が協議の上で決定し、速やかに学会HPで結果を公開します。
  • 受賞者は、次年度の年会で表彰を受け、その1年間の研究進展を含めて受賞講演を行って頂きます。また、海外学会での発表体験記と研究内容を会報に寄稿して頂きます。


「優秀賞」:4~8名程度

  • 副賞として賞状を贈呈します。

*2015年以前の優秀賞受賞者には賞状を贈呈していません。希望者には賞状をお送りしますので、庶務幹事までご連絡ください (このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)。

2.選考方法
年会で発表を行った学生正会員(大学院生・学部生)について、年会長が招集した選考委員が慎重に審査を行い、受賞者を決定します。

3.過去の受賞者
2017年度
 青葉賞
 吉永 正憲(京都大学ウィルス・再生医科学研究所)
 優秀発表賞(特別)
 石黒 健介(東京大学大学院工学系研究科)
 野木森 拓人(名古屋市立大学大学院薬学研究科)
 山口 悠太郎(東京大学大学院工学系研究科)
 優秀賞
 伊藤 真央(名古屋大学大学院理学研究科)
 坂村 由梨佳(近畿大学薬学部)
 長 裕紀子(熊本大学大学院自然科学研究科)
2015年度
 青葉賞
 平野 央人(東京大学大学院理学系研究科)
 趙 雪薇(東京大学大学院工学系研究科)
 優秀賞
 藤田 賢一(京都大学大学院生命科学研究科)
 新沼 翔(東京大学大学院新領域創成科学研究科)
 難波 祐里香(東京大学大学院理学系研究科)
 三宅 浩太郎(大阪大学大学院医学系研究科)
 武知 美和(名古屋市立大学大学院薬学研究科)
 野木森 拓人(名古屋市立大学大学院薬学研究科)
 浅野 奏(東京都大学大学院工学系研究科)
 小松 リチャード 馨(京都大学大学院医学研究科)
2014年度
 青葉賞
 牟田園 正敏(熊本大学大学院自然科学研究科)
 池内 健(東北大学大学院薬学研究科)
 優秀賞
 伊藤 大介(大阪大学大学院生命機能研究科)
 山岸 良多(名古屋市立大学大学院薬学研究科)
 山置 佑大(京都大学大学院エネルギー科学研究科)
 田胡 信広(東京工業大学大学院生命理工学研究科)
 平田 翔児(東京大学大学院工学系研究科)
 余越 萌(大阪大学大学院医学系研究科)
 稲垣 佑都(名古屋市立大学薬学部薬学科)
 八代 悠歌(東京大学大学院工学系研究科)
2013年度
 青葉賞
 長 裕紀子(熊本大学大学院自然科学研究科)
 深谷 雄志(東京大学分子細胞生物学研究所)
 優秀賞
 池内 健(東北大学大学院薬学研究科)
 寺坂 尚紘(東京大学大学院理学系研究科)
 藤田 賢一(京都大学院生命科学研究科)
 岡田 俊平(東京大学大学院工学系研究科)
2012年度
 青葉賞
 石津 大嗣(應義塾大学医学部)
 牧野 支保(北大学大学院薬学研究科)
 優秀賞
 川本 崇仁(福岡大学理学部)
 真嶋 司(京都大学エネルギー科学研究科)
 鈴木 悠也(北海道大学大学院生命科学院)

入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: