学会からのお知らせ

  • 標記の顕彰事業について、受賞候補者の推薦の依頼が独立行政法人日本学術振興会理事長から日本RNA学会の会長宛てにありましたのでお知らせします。つきましては、日本RNA学会会長からの推薦を希望される一般正会員の方は、受賞候補者推薦要項を熟読の上、下記により応募書類の提出をお願いします。
    日本学術振興会賞トップ

  • 独立行政法人 日本学術振興会
    国際生物学賞委員会 委員長 廣中 平祐
    国際生物学賞委員会 審査委員会 委員長 福田 裕穂

    国際生物学賞は、昭和天皇の御在位60年と長年にわたる生物学の御研究を記念するとともに、本賞の発展に寄与されている今上天皇の長年にわたる魚類分類学(ハゼ類)の御研究を併せて記念し、生物学の奨励を目的とした賞です。本賞は昭和60年に創設され、以後毎年1回、生物学の授賞分野を選定の上、当該分野の研究において優れた業績を挙げ、世界の学術の進歩に大きな貢献をした研究者(原則として毎年1人)を選考して、授賞しています。

  • 日本分子生物学会と日本生化学会は、2017年12月6日(水)〜 9日(土)の日程で合同年次大会ConBio2017(於神戸)の開催を予定しています。本大会では、関連する異分野の研究動向を学び、異分野の研究者と交流することを目的として、両学会に加えて、生命科学の広い分野の学会の協賛が予定されています。
    日本RNA学会はConBio2017の協賛学会として参加し、次のタイトルでシンポジウムを開催することが決定しております。
    「RNA修飾によるエピトランスクリプトーム制御の新展開」
    "Emerging world of RNA modifications and epitranscriptome"

    また、このたびConBio2017はワークショップ企画の公募を開始しましたが、協賛学会の特典として日本RNA学会会員の皆様からもワークショップ企画をご提案いただくことが可能です。つきましては記事詳細をご覧になり、積極的にご応募いただけますようよろしくお願いします。
    締め切り:2017年3月15日(水)

 すべての「学会からのお知らせ」を見る

公募情報等

 すべての「公募情報」を見る

会報 最新号より

  • 古市 泰宏

    HnRNAプロセシングの謎解明へ | プロローグ 

    前のエッセイで書いたが、1975年末には、HeLa細胞のHnRNAの5′末端にキャップがあり、3′末端にPolyAがあることがわかった。長いHnRNAをRNAポリメラーゼIIが合成し、キャップはその転写初期に付加され、m6Aが中間にあり、転写の終了時に別のポリメラーゼが3′末端にPolyAをつけるという様子が次第にわかってきて、HnRNA(~25,000ヌクレオチド)と細胞質mRNA(~3,000ヌクレオチド)のPrecursor-Productの関係は見えてきた。

  • 井川 善也(富山大学理工学研究部)

    第19回日本RNA学会年会(RNAミーティング)を、2017年7月19日(水)から21日(金)の予定で富山国際会議場大手町フォーラム(富山市)にて開催いたします。

    昨年は京都で国際学会(第21回RNA Society Meeting)が開催されたため、本年会は国際学会との併催として実施されました。国内学会としては2年ぶり、北陸地域では初の開催となる第19回RNAミーティングでは、日本発の優れたRNAサイエンスの成果が披露・発信されることを楽しみにしています。

    「次世代を担う若手研究者のエンカレッジ」は本年会の重要な役割です。その主旨の企画(「青葉賞」の授与および前回受賞者の講演、キャリアパスセミナーなど)は今回も継続して実施を予定しています。

  • 横堀 伸一(東京薬科大学生命科学部)

     2016年10月16日の早朝、渡辺公綱先生が逝去された。その報に接する2週間ほど前に、東京大学農学生命科学研究科の浅川修一さんとともに病床の渡辺先生とお話しする機会があった。その際に、渡辺先生から今後のご自身の研究について前向きなお言葉を伺い、一度は安堵し、先生のご回復を祈っていた身として、残念でならない。

 すべての「会報」を見る

論文・出版物