学会からのお知らせ

  • The RNA Society(RNA研究者の国際的な団体)の次期Presidentおよび3名のBoard Memberの選挙が2016年春に行われ、塩見春彦正会員(慶応大学)がBoard Memberに選出されました。
    http://www.rnasociety.org/News/rna-society-officer-election-results/

    選挙の結果はRNA2016 KyotoのAwarding Ceremonyにおいても紹介されました。

  • RNA2016の当日参加登録費について:RNA2016
    6月28日(火)から京都で開催されるRNA2016会員価格でご参加いただくには、今年度の年度会費のお支払い手続きを完了していただき、会員ステイタスが有効となっていることが必要です。

    年度会費をお支払いいただいた方で会員価格での当日参加登録を希望する方は、RNA2016会場の受付カウンターにて、「マイアカウント」メニューの「会員ステイタスの確認」ページ(ログインが必要です)を、スマートフォン画面または印刷物にてご提示ください。

    お支払いがお済みでない方は、至急ログインの上、年度会費のお支払い手続きをしてください。銀行振り込みの場合、会員ステイタスが有効になるまで最大で1週間かかることがあります。RNA2016の当日参加登録受付時に会員ステイタスが有効となっていない場合には、非会員価格で登録していただきます。会員ステイタスが有効になったことを確認でき次第、差額の払い戻し手続き(ただし7月10日(日)まで)を行いますので、RNA2016当日参加登録受付カウンターまたはRNA2016本部(Room H)にその旨お申し出ください。RNA2016閉会後のお問合せは庶務幹事(相馬亜希子 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)までどうぞ。

  • 標記の表彰について、文部科学省研究振興局から【科学技術賞】及び【若手科学者賞】の受賞候補者の推薦の依頼がありましたのでお知らせします。つきましては、日本RNA学会長からの推薦を希望される正会員または名誉会員の方は、推薦事務要領を熟読の上、下記のとおり応募書類の提出をお願いします。

 すべての「学会からのお知らせ」を見る

公募情報

  • Poster

    Olga Anczuków博士は、最近独立して新しく研究室を立ち上げた新進気鋭の女性研究者です。癌に関わるmRNA前駆体スプライシングの研究で、素晴らしい業績を挙げられてきました。最初のポスドクを公募されています。彼女の公募広告を添付します。興味のある方は、以下の連絡先まで連絡してください。

    照会先: 藤田保健衛生大学・総合医科学研究所 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 (メールアドレスがリンクされています。名前をクリックしてください)

  • Poster 名古屋市立大学大学院システム自然科学研究科では、下記要領により教員(生化学)を募集します。本研究科では自然科学の基礎を広く理解し、学際領域の課題に対応できる優れた研究者の育成をめざしています。本研究科の教員ならびに学内の他部局の教員との連携に興味のある方を歓迎します。

  • このたびJSTは、戦略的創造研究推進事業「CREST」「さきがけ」「ACT-I」において、平成28年度の研究提案募集(第2期)を開始いたしました。ご関心のある多くの方々のご応募をお待ちしております。
    詳細につきましては募集要項および研究提案募集ホームページをご覧ください。
    URL:http://www.senryaku.jst.go.jp/teian.html

 すべての「公募情報」を見る

会報 最新号より

  • 向井 崇人(Yale大学 Dieter Söll研究室)

    アメリカでの研究留学は1年半過ぎ、そろそろ論文が欲しい時期です。私は現在、Yale大学Dieter Söll研のポスドクとして、タンパク質を構成するアミノ酸のうち、システインとセレノシステインの遺伝暗号システムを調べています。来年度からは、日本学術振興会の海外特別研究員として研究を続ける予定です。この度の寄稿では、体験記と研究留学のススメを書いてみようと思います。

  • 平野 央人(東京大学理学系研究科)

    皆様こんにちは。東京大学理学系研究科、濡木研究室の平野央人と申します。RNA結合タンパク質のX線結晶構造解析を中心のテーマとして研究しており、第17回日本RNA学会年会にてCas9の構造機能解析に関する発表を行わせて頂きました。その結果、幸運にも青葉賞を受賞させて頂き、その副賞として海外学会への参加を援助して頂くことができました。そこで、私は12月5-9日にインドのコルカタで行われた「The 13th Conference of the Asian Crystallographic Association」に参加してきました。開催地がインドということに加え、初めて一人で海外に行き、初めて国際学会で発表するということでしたので、一筋縄ではいかない旅でしたが、実に貴重な経験を得ることができました。今回は、その学会参加報告をご寄稿させて頂きます。

  • 塩見 美喜子(日本RNA学会会長)

    アメリカのコロラド、キーストーンで行われたKeystone Symposia「Small RNA Silencing: Little Guides, Big Biology」から帰国した。標高はビレッジベースでほぼ2,800mとある。空気は薄く(息を吸い込む時、鼻内腔で感じる抵抗が明らかに少なく、思わず過呼吸のような状態になるが得られる酸素は勿論少ない)、気温は最高でもマイナス5度くらいか。これに日米間の時差16時間が加わる‘三重苦’と一人戦う夜は、心理的にとても長い。

 すべての「会報」を見る

論文・出版物