学会からのお知らせ

  • 今年度の総会で決定した通り、来年2017年度より一般正会員年度会費が7500円から6500円に変更となります。2017年度会費のお支払い(2017年4月1日以降)の際にはお間違えのないようご注意ください。年度会費の切り替えにともなうメンテナンス作業のため、2017年3月31日 17:00から2017年4月1日 9:00までの間、一時的に学会ウェブサイトの公開を休止する予定ですので、2017年度会費のお支払い手続きは再開後にお願いします。

    また、年度会費の自動支払い(一般正会員のみ利用可能です)については、契約の途中では設定金額を変更できないため、現在の自動支払い契約を一旦解除させていただくことになりました。これに伴い、2016年度会費を自動支払いで納入いただいた一般正会員の皆様は、2017年4月以降に新しい年度会費での自動支払い手続き(または年度単位でのお支払い手続き)をあらためて行っていただく必要があります。ご不便をおかけして恐縮ですが、以下の記事本文の案内にしたがって必要なお手続きを行ってください。ご協力のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

    なお、現在の自動支払い設定はこちらでご確認いただけます(ログインが必要です)。

  • 2016年10月17日 訃報

    東京大学名誉教授渡邊公綱先生が平成28年10月16日に御逝去されました。

    渡邊公綱先生のRNA研究、特にトランスファーRNAにおける多大なる御功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。渡邊公綱先生は、日本RNA学会の第3期会長を務められました。

  • 日本分子生物学会と日本生化学会は、2017年(平成29年度)の12月6日(水)〜 9日(土)の日程で合同年次大会(於神戸)の開催を予定しています。本大会では、関連する異分野の研究動向を学び、異分野の研究者と交流することを目的として、両学会に加えて、生命科学の広い分野の学会の協賛が予定されています。日本RNA学会は合同年次大会の趣旨に賛同し、協賛することとなりました。

    本大会では各協賛学会主体の企画としてのシンポジウムまたはワークショップが開催される予定です。つきましては、日本RNA学会の特色が分かるようなシンポジウム企画案を正会員または名誉会員から募集します。希望される方は、下記のとおり応募書類の提出をお願いします。なお、募集対象のシンポジウムは、一般公募とは枠が異なります。採択後は原案をもとに日本RNA学会評議員会と共同で企画を練り上げて頂きます。皆様の積極的な応募をお待ちしています。

 すべての「学会からのお知らせ」を見る

公募情報等

 すべての「公募情報」を見る

会報 最新号より

  • 黒柳 秀人(東京医科歯科大学)

    第9期の評議員になりました黒柳秀人です。2年間よろしくお願いします。

    1999年の設立総会に参加して以降しばらく日本RNA学会の活動から離れていたのですが、ここ何年かは年会に参加し、昨期は庶務幹事の指名を受けて学会本部(事務局契約満了後は事務局)業務を担当しました。期せずして、新ロゴマークの制定やウェブサイトのリニューアルという新規事業の実務を担当することとなったのですが、それがあれよあれよという間に発展して、クレジットカードによる会費納入や評議員選挙の電子化など評議員会でたびたび検討されていた構想を一気に実現する学会にとっての一大事業となりました。

    今回、ウェブサイトの運営を主とする事務局業務を庶務幹事の相馬亜希子さんはじめ現幹事等の方々に無事引き継ぎましたので、この場を借りて「裏方」の話を会報に残しておきたいと思います。

  • 塩見 春彦

    2月、3月(きさらぎ、やよい)というのは人が去っていく寂しい季節です。一方、去りゆく人にとっては旅立ちのときであり、新しいことに挑戦するために、勢いをつけて、スプリングボードに飛び込む緊張の時期であることも多い。この時期、次のステージに踏み出そうとしている若者に含蓄のあるカッコいい言葉を一つ二つ贈りたいという誘惑に駆られる。

  • 塩見 春彦

    日々、いろいろ気になることやものがある。その中の幾つかは長く頭の片隅に留まり、時をおいて、ふと、頭のあちこちにぶつかりながらしばらくとりとめのない思索を強いる。たとえば、こんなことが気になる。

 すべての「会報」を見る

論文・出版物