学会からのお知らせ

  • The RNA Society(RNA研究者の国際的な団体)の次期Presidentおよび3名のBoard Memberの選挙が2016年春に行われ、塩見春彦正会員(慶応大学)がBoard Memberに選出されました。
    http://www.rnasociety.org/News/rna-society-officer-election-results/

    選挙の結果はRNA2016 KyotoのAwarding Ceremonyにおいても紹介されました。

  • RNA2016の当日参加登録費について:RNA2016
    6月28日(火)から京都で開催されるRNA2016会員価格でご参加いただくには、今年度の年度会費のお支払い手続きを完了していただき、会員ステイタスが有効となっていることが必要です。

    年度会費をお支払いいただいた方で会員価格での当日参加登録を希望する方は、RNA2016会場の受付カウンターにて、「マイアカウント」メニューの「会員ステイタスの確認」ページ(ログインが必要です)を、スマートフォン画面または印刷物にてご提示ください。

    お支払いがお済みでない方は、至急ログインの上、年度会費のお支払い手続きをしてください。銀行振り込みの場合、会員ステイタスが有効になるまで最大で1週間かかることがあります。RNA2016の当日参加登録受付時に会員ステイタスが有効となっていない場合には、非会員価格で登録していただきます。会員ステイタスが有効になったことを確認でき次第、差額の払い戻し手続き(ただし7月10日(日)まで)を行いますので、RNA2016当日参加登録受付カウンターまたはRNA2016本部(Room H)にその旨お申し出ください。RNA2016閉会後のお問合せは庶務幹事(相馬亜希子 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)までどうぞ。

  • 標記の表彰について、文部科学省研究振興局から【科学技術賞】及び【若手科学者賞】の受賞候補者の推薦の依頼がありましたのでお知らせします。つきましては、日本RNA学会長からの推薦を希望される正会員または名誉会員の方は、推薦事務要領を熟読の上、下記のとおり応募書類の提出をお願いします。

 すべての「学会からのお知らせ」を見る

公募情報

  • Poster

    Mingyi Xie博士は、この秋からフロリダ大学に新しい研究室を立ち上げられる予定で、最初のポスドクを探しておられます。Xie博士は、これまでJ. Steitz研において、例外的なmicroRNAのプロセシング経路の発見などで華々しい成果を挙げられてきました(Cell 2013, Genes Dev 2015)。興味ある方は、公募広告に記載されている連絡先まで連絡してください。

  • Poster

    Olga Anczuków博士は、最近独立して新しく研究室を立ち上げた新進気鋭の女性研究者です。癌に関わるmRNA前駆体スプライシングの研究で、素晴らしい業績を挙げられてきました。最初のポスドクを公募されています。彼女の公募広告を添付します。興味のある方は、以下の連絡先まで連絡してください。

    照会先: 藤田保健衛生大学・総合医科学研究所 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 (メールアドレスがリンクされています。名前をクリックしてください)

  • Poster 名古屋市立大学大学院システム自然科学研究科では、下記要領により教員(生化学)を募集します。本研究科では自然科学の基礎を広く理解し、学際領域の課題に対応できる優れた研究者の育成をめざしています。本研究科の教員ならびに学内の他部局の教員との連携に興味のある方を歓迎します。

 すべての「公募情報」を見る

会報 最新号より

  • 塩見 美喜子(日本RNA学会会長)

    暑い夏。プールでひとしきり泳いだあと冷房のきいたリアシートに身体を沈める。だるさと火照りと冷気が相まってなんとも心地よい。——RNA2016の最終イベントであるダンスパーティーが終わり、戻ったホテルの部屋に入った瞬間、そんな記憶がふとよみがえった。長らくの緊張でこわばったままの身体と神経に、お疲れ様、もうリラックスしてもいいよ、と伝える。すると、ためらいなく、素直に徐々にひとつひとつの細胞が弛緩しはじめる。子どもの頃読んだ物語に、大きな木の周りをぐるぐる回ってバターになったトラがいたっけ。そして、確かパンケーキになって主人公に食べられてしまった。そんなこともふと、憶いだされた。幸いにも、私の目の前には空調でちょうどよい具合にひんやり冷えた、上質なベッドがあり、そこに倒れこむことによって完全融解は阻止される。

  • 趙 雪薇(Tufts大学)

     昨年のRNA学会参加時は東京大学工学系研究科鈴木研究室に所属していました、趙雪薇です。現在はアメリカのボストンにあるTufts大学にてエキソソームや合成ナノ粒子を使ったドラッグデリバリーシステム(DDS)の研究を行っています。昨年のRNA学会にてありがたく青葉賞をいただき、今年の5月にオランダのロッテルダムにて開催されたInternational Society for Extracellular Vesicles (ISEV)年会に参加して来ましたのでご報告させていただきます。

  • 二宮 賢介(北海道大学遺伝子病制御研究所)

    北海道大学・遺伝子病研究所・RNA生体機能分野の二宮賢介と申します。この度、RNAフロンティアミーティング2016(ニセコ)の世話人を同研究室の山崎とつとめさせていただきます。

 すべての「会報」を見る

論文・出版物