論文・出版物

  • 著者 Yoshida M, Kataoka N*, Miyauchi K, Ohe K, Iida K, Yoshida S, Nojima T, Okuno Y, Onogi H, Usui T, Takeuchi A, Hosoya T, Suzuki T, Hagiwara M*
  • 掲載誌 Proc Natl Acad Sci U S A. 2015 Mar 3;112(9):2764-9
  • 著者 *Nakagawa S, Shimada M, Yanaka K, Mito M, Arai T, Takahashi E, Fujita Y, Fujimori T, Standaert L, Marine JC, Hirose T.
  • 掲載誌 Development. 2014 Dec;141(23):4618-27.

Authoritative and easily accessible, PIWI-Interacting RNAs: Methods and Protocols seeks to serve both established researchers and newcomers to the field to progress towards the ultimate goal of understanding the mechanisms and actions of piRNAs.

  • 編者 Siomi, Mikiko C.
  • 発行日 2013年11月01日(金)
  • ISBN-13 978-1-62703-693-1

分子進化・サイレンシング・non-coding RNA からRNA 修飾・編集・RNA―タンパク質間相互作用まで

様々な種類のRNAについて最先端の研究をまとめたレビュー集。分子の性質や制御機構から、世代間シグナル、感染記憶、核内構造体構築、人工リボスイッチなどのRNAの知られていなかった機能に迫る総力特集!

  • 編者 塩見春彦、稲田利文、泊 幸秀、廣瀬哲郎
  • 発行日 2013年4月20日(土)
  • ISBN-13 978-4-7581-0330-5

This book is the complete guide for studying RNA splicing and it is a valuable guide for RNA scientists and to clinicians working in genetic disease.

  • 編者 Stamm, Stefan / Smith, Chris / Lührmann, Reinhard
  • 発行日 2012年1月31日(火)
  • ISBN-13 978-3-527-32606-8

本書は気鋭の専門家の手になる機能性RNAの教科書である。バクテリアから昆虫、 哺乳動物にわたる広範囲の機能性RNAを対象とし、その研究の基礎から応用までを詳細に解説する。学生諸君や生命科学研究者に広くお薦めしたい。

  • 編者 河合 剛太、清澤 秀孔
  • 発行日 2010年12月07日(火)
  • ISBN-10 4878051132
  • ISBN-13 978-4878051135

1970年代に始まった遺伝子研究の新たな展開は、遺伝子に関連するさまざまな研究分野に多大な影響を与えた。真核生物の分断化された遺伝子の発見からスプライシングという新しい概念が生まれたのもその一つである。