2021.04.14【お知らせ】ただいま PayPal側のシステム障害により、PayPal でのお支払い完了後、会員ステイタスが有効になるまでに2時間程度の遅延が生じる場合があります。

日付でフィルタされたアイテム: 8月 2018

2018年08月28日

アメリカ見聞録

はじめに

アメリカニューヨーク州ロチェスター大学のリン マクアット教授(以下リン)の研究室(ラボ)にて、mRNA分解機構の一種である、Nonsense-Mediated mRNA Decay (NMD)の分子メカニズムを研究しております黒崎辰昭と申します。アメリカ生活も当初の予定では2-3年のつもりが、早いもので気づけば9年にもなってしまいました(新婚でアメリカに一緒に渡ってきた妻には、“話が違う!”と耳が痛いことをよく言われます)。そこまでアメリカは居心地が良いのかというと、必ずしもそういう訳ではないのですが、本稿では9年に及ぶアメリカ生活において僕が日々感じる、アメリカと日本の生活や研究環境の違いについて、ご紹介できればと思っております。特に今、留学を悩まれている方にとって、何か参考になることがあれば幸いです。

2018年08月22日

第20回総会 報告

日時:2018年7月10日(火)17:30-18:30
場所:ホテルフクラシア大阪ベイ 講堂

浅野研究室では大学院生(修士又は博士課程)を募集しています。

日時:2018年7月9日(月)12:20~13:30
場所:ホテルフクラシア大阪ベイ
議事:
1.開会の挨拶
2.活動報告
3.2017年度収支決算案の決定
4.2018年度年会報告
5.2019年度年会準備状況について
6.2019 RNA society meetingの準備状況について
7.2020年度年会長(集会幹事予定者)の選出
8.2018年度収支予算案の決定
9.第20回総会議事次第の決定
10.総会議長・副議長候補者(執行部からの推薦者)の選出

The two NICHD Tenure Track Investigator positions are available in groups headed by Alan G. Hinnebusch and Richard J. Maraia. The positions are in the Division of Molecular and Cellular Biology and the Division of Developmental Biology, respectively. A list of NICHD Intramural Scientists and their research interests can be found at https://www.nichd.nih.gov/about/org/dir/affinity-labs/labs.

宇宙航空研究開発機構では、国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の船内環境の特徴を最大限に活用して、国の科学技術イノベーション政策への貢献や自由な発想に基づく独創的かつ先導的で国際的に高い水準の研究を推進するため、FSテーマを募集しています。また、これまでにISS・「きぼう」で実施されたマウス飼育実験での未解析組織等を対象として、「きぼう」利用の裾野拡大及び軌道上実験での未解析試料の有効活用を目的としてマウスサンプルシェアを行う研究提案を募集いたします。

日時:2018年6月29日(金)~7月3日(火)
場所:メール会議
議事:
1.大阪北部地震被災者への支援に関して

日時:2018年6月21日(木)~6月26日(火)
場所:メール会議
議事:
1.青葉賞および年会ポスター賞に関して

日時:2018年6月18日(月)~6月21日(木)
場所:メール会議
議事:
1.会則第5条第3項の変更案について

記事掲載のご案内

本ページへの情報掲載をご希望の方はこちらからページ名を添えてお知らせください。

会員の方はご自身で記事を投稿できます。
入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: