日付でフィルタされたアイテム: 3月 2017

Pre-mRNA splicing is an essential step for gene expression in higher eukaryotes. Alternative splicing contributes to diversity of the expressed proteins from the limited number of genes. Disruption of splicing regulation often results in hereditary and sporadic diseases called as ‘RNA diseases’. Modulation of splicing by small chemical compounds and nucleic acids has been tried to target aberrant splicing in those diseases. Several RNA diseases and splicing-target therapeutic approaches will be briefly introduced in this review. Accumulating knowledge about molecular mechanism of aberrant splicing and their correction by chemical compounds is important not only for RNA biologists, but also for clinicians who desire therapies for those diseases.

標記の顕彰事業について、受賞候補者の推薦の依頼が独立行政法人日本学術振興会理事長から日本RNA学会の会長宛てにありましたのでお知らせします。日本RNA学会では、受賞候補者を学生正会員より公募することとなりました。つきましては、日本RNA学会会長から推薦されることを希望する学生正会員の方は、受賞候補者推薦要項を熟読の上、下記により応募書類の提出をお願いします。
日本学術振興会育志賞トップ

Postdoctoral position – Towards deciphering mechanisms of transcriptional and post-transcriptional gene regulation in eukaryotic cells 

北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)は、「科学技術創造により次代の世界を拓く指導的人材を育成する」ことを理念とし、グローバルな社会への貢献、社会や産業界のリーダーの養成を目標に掲げています。自然環境・文化的雰囲気に優れ、研究・教育活動に専念できる石川県能美市に所在し、世界的な大学院大学を目指して活発に活動を展開しています。

日時:2017年1月19日(木)~2月6日(月)
場所:メール会議
議事:
1.2018年度年会の開催時期と会場の決定