日付でフィルタされたアイテム: 12月 2017

本プロトコルは哺乳類培養細胞におけるribosome profilingの基本プロトコルです。HEK293T細胞を想定して記述していますが、経験上同様の手法が他の培養細胞でも適用できることが多いです。

第49回(平成30年度)自然科学研究助成
①総額 約3億円(1件2千万円以内、45件程度)
②応募開始日 平成30年1月10日(水)
③応募締切日 平成30年2月7日(水)午後5時
④助成の趣旨 近年の自然科学の進歩はめざましく、各学問分野の研究の深化はもとより分野間の相互作用により、つぎつぎに新たな研究領域が誕生しつつあります。このような状況のもとで本事業では、自然科学のすべての分野にかかわる独創的かつ先駆的研究を支援します。さらに、既成の概念にとらわれず、新しい発想で複数の領域にまたがる研究に対しても大きな期待をよせ、助成します。

A postdoc position is available in Dr. Francesca Aguilo's lab at at the Department of Medical Biosciences and Wallenberg Centre for Molecular Medicine in Sweden.
A highly talented and motivated candidate with a strong background in molecular biology and expertise in CRISPR gene editing is desireble.

Umeå University provides a creative environment for studies and research. We offer attractive education, world-class research and excellent innovation and collaboration opportunities. More than 4,300 employees and 31,500 students have already chosen Umeå University. Choose us, you too!

  • 著者 Dan Ohtan Wang, Kensuke Ninomiya, Chihiro Mori, Ayako Koyama, Martine Haan, Makoto Kitabatake, Masatoshi Hagiwara, Kazuhiro Chida, Shin-Ichiro Takahashi, Mutsuhito Ohno and Naoyuki Kataoka
  • 掲載誌 Frontiers in Molecular Biosciences

日時:2017年11月22日(水)~11月27日(月)
場所:メール会議
議事:
1.神戸大学バイオシグナル総合研究センターの「バイオシグナル創薬共同研究拠点」の活動状況に関する意見・要望書について

日時:2017年9月24日(日)~11月15日(水)
場所:メール会議
議事:
1.年会ベストプレゼンテーション賞優秀賞への副賞について