学会からのお知らせ

2014年7月の総会で承認され学会本部で準備を進めてきた日本語版と英語版を統合した新しい日本RNA学会ウェブサイトの準備が整い、サーバー移行の日程が決まりましたのでお知らせします。年度末が近づいていることもあり、急ではありますが、密な移行日程にとともに会員管理や会費のお支払いについての重要な変更点も併せてお知らせします。

標記の顕彰事業について、独立行政法人日本学術振興会理事長から日本RNA学会の会長宛てに受賞候補者の推薦の依頼がありましたのでお知らせします。つきましては、日本RNA学会会長からの推薦を希望される一般正会員の方は、受賞候補者推薦要項を熟読の上、下記により応募書類の提出をお願いします。
日本学術振興会賞トップ

下記の会員の方々が、第11回(平成26年度)日本学術振興会賞の受賞者に決定されました(敬称略)

今年4月から6月にかけて募集し、会員からの応募総数26点から選考を行っていた学会ロゴマークが、評議員会での審査およびプロのデザイナーによる選考とアレンジを経て、次の作品に決定しました。

第16回日本RNA学会年会(名古屋)の青葉賞・優秀賞は、プログラム委員投票の結果、以下のように決定しました。

標記の表彰について、文部科学省研究振興局から【科学技術賞】及び【若手科学者賞】の受賞候補者の推薦の依頼がありましたのでお知らせします。つきましては、日本RNA学会長からの推薦を希望される正会員または名誉会員の方は、推薦事務要領を熟読の上、下記により応募書類の提出をお願いします。

上記の件について、日本学術振興会のホームページに公募の案内がありましたのでお知らせします。つきましては、日本RNA学会長からの推薦を希望される学生会員の方は下記により応募書類の提出をお願いします。

下記のRNA研究者の方々が、平成26年度の「科学技術分野の文部科学大臣表彰」を受賞されました(敬称略)

日本RNA学会(以下「本学会」)は、1999年8月4日の設立総会からまもなく丸15年の節目を迎えます。この間、RNA Society Meetingを日本で開催し、英語版のホームページを開設し、海外のRNA関連学会との交流が進むなど、本学会の活動も国際的に広がり始めています。そこで、本学会を広く内外にアピールするための新しいロゴマークを募集します。ふるってご応募くださるようお願いします。

厳正なる第8期評議員選挙の結果、得票上位10名、および次点は下記の通りとなりました。