学会からのお知らせ

RNAフロンティアミーティング2023が、10月18日(水)-20日(金)に、熊本で開催されます。

参加・演題登録の締め切りは、8月24日(木)8月31日(木)です。

今年の特別セッションでは、「RNA meets DNA」というコンセプトで、RNAとDNAの境界領域の新進気鋭の研究者3名にお話しいただきます。多くの大学院生、若手、PIの皆様のご参加を世話人一同お待ちしています。

ホームページ:https://sites.google.com/view/rnafrontiermeeting2023/

関西エリアのRNA研究者の交流の場として、新たにKansai RNA Clubを設立しました。その記念すべき第1回ミーティングを8月18日(金)に大阪大学吹田キャンパス銀杏会館にて開催します。特別講演者として京都大学の萩原正敏先生、齊藤博英先生をお迎えし、さらに関西エリアのRNA関連研究室の若手・中堅研究者による基礎研究から創薬・疾患研究に至るまで幅広い分野の講演を予定しています。関西エリアだけに限らず、どなたでもご参加できます。みなさまのご参加をお待ちしております。

会場:大阪大学銀杏会館 阪急電鉄・三和銀行ホール

日時:  2023年8月18日(金)13:30-17:30  [Poster]

続きを読む…

標記の表彰について、木原記念横浜生命科学振興財団から学術賞の受賞候補者の推薦の依頼がありましたのでお知らせします。日本RNA学会長からの推薦を希望される正会員の方は、推薦事務要領を熟読の上、下記のとおり応募書類の提出をお願いします。提出期限は9月4日(月)正午です。

続きを読む…

RNA学会会長:中川真一(北海道大学)

日本RNA学会第25回総会を、下記の要領にて第24回日本RNA学会年会の2日目に開催いたします。多くの会員のご出席をお願いいたします。

ご欠席の会員の方は、ログイン後に現れる「会員専用」メニューの「総会委任状」から委任状をご送信ください。締め切りは、6月28日(水)7月3日(月)まで延長いたします。委任状の送信ができるのは、送信時点で今年度の年度会費の支払い手続きが完了している一般正会員と学生正会員、および名誉会員の方々です。オンラインで会員ステイタスお支払い履歴(ログインが必要です)をご確認いただけます。※委任状の提出方法について、オンラインでの受け付けのみとなっています。

続きを読む…

標記の表彰について、文部科学省研究振興局から【科学技術賞】及び【若手科学者賞】、【研究支援賞】の受賞候補者の推薦の依頼がありましたのでお知らせします。つきましては、日本RNA学会長からの推薦を希望される正会員または名誉会員の方は、推薦事務要領を熟読の上、下記のとおり応募書類の提出をお願いします。提出期限は6月30日(金)正午です。

続きを読む…

Cold Spring Harbor Asia (CSHA)、The Now and Future of RNA Therapeuticsが、2023年6/19~6/23まで、淡路夢舞台で開催されます!

  • 発表の締め切りは過ぎていますが、参加の登録は開催直前まで可能です!
  • ご興味のある方は是非、右記サイトから参加登録してください!→ここをクリック

また、本会は新井賢一博士を冠したプログラムの対象であり、日本に大学院生の方は参加費が無料になっています!(注意:食費や宿泊費は無料ではありません、学生で参加登録していただくと自動的に参加費が無料となった金額が提示されます。)

続きを読む…

第24回日本RNA学会年会のキャリアパス企画では、ポストコロナの新たなステージに入る今このとき、学会員がなにに悩み、なにを望んでいるのか、またそれに対して学会が取り組むべき活動とは何なのか、みんなで考える予定です。このために、この度、キャリアパスに関する日本RNA学会員の意識調査を行います。みなさまの積極的なご回答、お待ちしております。

【第24回日本RNA学会年会 キャリアパス企画アンケート】
目的: 日本RNA学会員の意識調査のキャリアパスに関する意識を調査し、今後の日本RNA学会活動に役立てるため。
実施者: 第12期日本RNA学会本部(担当: キャリアパス担当幹事)
回答締切: 2023年6月25日(日)23:59pm

以下、続きを読むをクリックしてください!

続きを読む…

第34回Tokyo RNA Clubは、フランスCNRSのSeverine Chambeyron博士の来日に合わせ、Relationships of transposon and host in germlineと題して7月11日(火)東大本郷キャンパスの小柴ホール(理学部1号館)で開催致します。piRNAに限らず広くトランスポゾンとホストの生殖能維持にまつわる分子メカニズムを主テーマとしています。Tokyo RNA Clubとしては少し異色かもしれませんが、最先端の研究内容に溢れていますので興味のある方、新しいテーマに触れてみたいという方は是非ご参加ください。(5/19 記事訂正:7/11 の曜日が間違っており訂正させていただきました。

続きを読む…

第24回年会ウェブサイトを公開いたしました。学会ウェブサイトのトップページのバナーからもお進みいただけます。

参加登録の受付と演題登録の受付も開始します。発表演題要旨のテンプレート兼見本は、現在でもダウンロードしていただけます。

それぞれの受付締切は次の予定です。参加登録受付の延長はありません。

会期:2023年7月5日(水)~7日(金)
会場:那覇文化芸術劇場『なはーと』

事前参加登録:2023年6月12日(月)締切
発表演題登録:2023年6月5日(月)締切

年会のポスターは年会ウェブサイトの「ご案内」ページの右下からPDFファイルをダウンロードできるようにしてあります。事務局からの配布はありませんので、各研究室でぜひ印刷してご掲示ください!

7月の沖縄は天候が安定していて、観光客による混雑が予想されます。参加予定の方は、早めに交通・宿泊をご手配ください。

多くのみなさまのご参加をお待ちしています。

第24回日本RNA学会年会 年会長・黒柳秀人(琉球大学)

標記の顕彰事業について、受賞候補者の推薦の依頼が独立行政法人日本学術振興会理事長から日本RNA学会の会長宛てにありましたのでお知らせします。日本RNA学会では、受賞候補者を学生正会員より公募することとなりました。つきましては、日本RNA学会会長から推薦されることを希望する学生正会員の方は、受賞候補者推薦要項を熟読の上、下記により応募書類の提出をお願いします。提出期限は5月8日(月)です。
日本学術振興会育志賞トップ

続きを読む…