【公告】第12期評議員選挙の実施について

2022年01月17日

第12期評議員選挙管理委員会

日本RNA学会第12期評議員選挙を、会則第11条および細則第7条にしたがって下記の選挙要項のとおり実施しますのでご案内します。日本RNA学会では投票を学会ウェブサイトの専用ページにてオンラインで行っております。会員の皆さまにおかれましては、選挙にあたり下記の事項についてご確認をお願いします。

会員情報

被選挙人名簿を、2022年1月末日現在で登録されている会員情報に基づいて作成します。会員の方は、ご自身の会員情報が最新のものであるか1月中にご確認ください。会員情報はこちらからご確認いただけます。

年度会費の支払い

投票ができるのは、投票時点で今年度の年度会費の支払い手続きが完了している一般正会員と学生正会員、および名誉会員の方々です。お支払い履歴はこちらからご確認いただけます。

第12期評議員選挙投票専用ページへはこちらからお進みいただけます

第12期評議員選挙管理委員     
伊藤拓宏(理研・庶務幹事)    
 大平高之(東大)         
牧野支保(東工大)        

第12期評議員選挙要項

任期:2022年4月1日~2024年3月31日
定員:10名(定員の20%を女性評議員枠とする)
被選挙人:2022年1月末時点で2021年度の年度会費を支払い済みの一般正会員、ただし細則第7条により稲田利文評議員と黒柳秀人評議員、鈴木勉評議員、廣瀬哲郎評議員、藤原俊伸評議員は被選挙人とはならない
投票者 :投票時点で2021年度の年度会費を支払い済みの正会員(一般会員・学生会員)および名誉会員
投票期間: 2022年2月7日(月)~2月25日(金)
投票場所:日本RNA学会ウェブサイトの会員専用メニュー内に設ける評議員選挙専用ページ
開票日 :2022年3月上旬
投票結果の開示:2022年3月中旬に日本RNA学会ウェブサイト上で当選者を発表する

投票方法:
1.被選挙人名簿(所属機関および氏名)を選挙専用ページに掲載する
2.投票は1人1回、無記名で、10名以内を選択する

当選者決定方法:
1.得票者中の上位の者より順に10名を選出する
2.同数得票者については、投票期間まで継続する入会期間が長い会員を優先し、入会期間が同じ場合は年長者を優先する
3.選挙により2名の女性当選者が選出されなかった場合は、女性評議員が最低2名になるまで調整を行う。

以上

入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: