2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)でのシンポジウム企画募集のお知らせ

2016年09月29日

日本分子生物学会と日本生化学会は、2017年(平成29年度)の12月6日(水)〜 9日(土)の日程で合同年次大会(於神戸)の開催を予定しています。本大会では、関連する異分野の研究動向を学び、異分野の研究者と交流することを目的として、両学会に加えて、生命科学の広い分野の学会の協賛が予定されています。日本RNA学会は合同年次大会の趣旨に賛同し、協賛することとなりました。

本大会では各協賛学会主体の企画としてのシンポジウムまたはワークショップが開催される予定です。つきましては、日本RNA学会の特色が分かるようなシンポジウム企画案を正会員または名誉会員から募集します。希望される方は、下記のとおり応募書類の提出をお願いします。なお、募集対象のシンポジウムは、一般公募とは枠が異なります。採択後は原案をもとに日本RNA学会評議員会と共同で企画を練り上げて頂きます。皆様の積極的な応募をお待ちしています。

■大会正式名称:

(日本語)2017年度生命科学系学会合同年次大会
(英語)Consortium of Biological Science 2017

略称:ConBio2017

会期:2017年(平成29年度)12月6日(水)~ 9日(土)

会場:神戸ポートアイランド

主催:日本分子生物学会、日本生化学会

共催:FAOBM

  • 協賛学会である日本RNA学会の会員は、日本分子生物学会および日本生化学会の会員でなくとも、当該学会会員価格でのConBio2017への参加、当該学会会員と同じ条件での演題発表、公募企画の提案が可能。
  • シンポジウム所要時間は150分を予定。使用言語は英語とする。
  • 協賛学会の会員/ 非会員ともに、国内在住の座長、指定演者の参加費は有料(会員価格)とし、旅費の補助はなし。
  • 企画における非会員演者のうち海外在住者については、外国人・日本人を問わず参加費免除とし、予算の範囲内において旅費の補助を行う(予算を超えた場合の旅費補助については日本RNA学会にて検討中ですので随時こちらの記事をご確認ください)。

1.応募対象者

応募時点で日本RNA学会の平成28年度年度会費を支払い済みの正会員または名誉会員であり、平成29年度も引き続いて正会員または名誉会員である予定の方。

2.採択対象企画 

シンポジウム(基本的には1案を採択し、それをもとに学会企画としてブラッシュアップして頂きます)

3.提出書類

必ず以下の要領で書類の提出をお願いします。
これ以外の方法で提出していただいた場合は受理されないことがあります。

以下の項目を記載したMS WordファイルをPDF形式に変換して1つのファイルにまとめ、ファイル名を「氏名ConBio2017企画応募」として、庶務幹事宛てにメールにてお送りください。

① タイトル(日本語および英語)
② 要旨(日本語400字程度または英語800文字程度、スペース含む)
③ オーガナイザー1名または2名の氏名、所属先、メールアドレス

4.応募しめきり

平成28年10月21日(金)正午 必着

5.選考

評議員会で応募内容を確認のうえ採択企画を決定します。

6.問い合わせ先および応募書類送付先(必ずe-mailでお願いします)

日本RNA学会
庶務幹事 相馬亜希子
電子メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。