公募情報等

JSPS Monthly (学振便り)

平成28年度科学研究費補助金「研究活動スタート支援」の公募を開始しました。

JSPS Monthly (学振便り)

平成29年度採用分の申請を受け付けます。

JSPS Monthly (学振便り)

平成29年度採用分の申請を受け付けます。

日本学術会議ニュースメール

2016年のHarvey賞について、推薦依頼がありましたためお知らせいたします。
会員・連携会員の皆様がご推薦できる賞ですので、同賞にふさわしいと考えられる研究者がいらっしゃいましたら、ご推薦をお願いします。
推薦要領につきましては、以下のホームページでご確認ください。

PosterPostdoctoral Scholar position is available in the laboratory of Dr. Ruslan Afasizhev at the Department of Molecular and Cell Biology, Boston University Medical Campus.

科学者委員会 学術の大型研究計画検討分科会 委員長 相原 博昭

日本学術会議 科学者委員会 学術の大型研究計画検討分科会では、第23期学術の大型研究計画に関するマスタープラン「学術大型研究計画」の公募を開始いたしました。公募期間は、平成28年2月8日(月)~3月31日(木)までとなっております。詳細は、日本学術会議HPをご参照ください。

【仕事内容】
当研究室では、主にショウジョウバエをモデル生物として用い、「RNAサイレンシング」と称される、小さなRNAを介した「遺伝子発現制御機構」の分子作用機序を理解することを目指しています。今回は新規因子同定、その生化学的機能解析、一分子イメージング、タンパク質精製、抗体作製等を通して本テーマに従事してくれる方を募集いたします。

Poster独立行政法人 日本学術振興会
国際生物学賞委員会 委員長 杉村 隆
国際生物学賞委員会 審査委員会 委員長 福田 裕

国際生物学賞は、昭和天皇の御在位60年と長年にわたる生物学の御研究を記念するとともに、本賞の発展に寄与されている今上天皇の長年にわたる魚類分類学(ハゼ類)の御研究を併せて記念し、生物学の奨励を目的とした賞です。本賞は昭和60年に創設され、以後毎年1回、生物学の授賞分野を選定の上、当該分野の研究において優れた業績を挙げ、世界の学術の進歩に大きな貢献をした研究者(原則として毎年1人)を選考して、授賞しています。

JSPS Monthly (学振便り)

日本と海外の新進気鋭の若手研究者が分野横断的な議論を行う合宿形式のシンポジウム(平成28年度開催分)への参加者候補の推薦を受け付けます。

JSPS Monthly (学振便り)

グローバル学術情報センターでは日本学術振興会における各種事業に関するデータの管理及び分析を行うため、専門的知識を有した「分析調査員」を公募しています。