公募情報等

この度、千里ライフサイエンス振興財団では、PAR-CLIP法の技術講習会を企画しました。

A postdoctoral/research fellow position is available immediately to study the roles of long noncoding RNAs in cancer in the laboratory of Pek Jun Wei.
The research involves the identification of novel long noncoding RNAs (called sisRNAs) and investigation of their molecular functions in cancer cells.

科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(新技術シーズ創出)について、平成30年度の戦略目標として四つの目標を決定し、日本医療研究開発機構(AMED)革新的先端研究開発支援事業について、平成30年度の研究開発目標として一つの目標を決定しましたので、お知らせいたします。

JSTでは戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-I)における平成30年度の研究提案募集を予定しております。その公募予定スケジュール概要が明らかとなりました。また、対象となる研究領域ではこれに関する募集説明会を開催します(一部の領域を除く)。

科学技術振興機構(JST)は、戦略的研究推進事業CRESTの平成30年度の公募において、フランス国立研究機構(ANR)と連携し、以下の2研究領域で日仏共同提案の募集を行うこととしました。
今般ANRが募集を開始いたしましたのでお知らせします。

米国オハイオ州シンシナティ市にあるCincinnati Children's Hospital Medical Center (CCHMC), Division of Reproductive Sciences & Human Genetics にて、2018年2月より研究室を立ち上げました。これに伴い、博士研究員を2名募集します。

科学技術振興機構(JST)は、戦略的研究推進事業CRESTの平成30年度の公募において、フランス国立研究機構(ANR)と連携し、以下の2研究領域で日仏共同提案を募集します。

(主催者より)

2017年、当協会が30周年を迎えるのを機に、次の30年を見据えて “最先端の研究が世界を創る―バイオテクノロジーの新時代―” をスローガンに、「バイオインダストリー大賞」「バイオインダストリー奨励賞」をスタートさせました。2つの賞は、従来の協会賞、各部門の奨励賞からコンセプトや対象分野等を再検討し、新たに創設したものです。この分野のさらなる飛躍と研究成果の産業化推進の観点で、表彰を通じて受賞者の業績が幅広く認知されバイオテクノロジーの重要性への理解が深まり、研究開発がいっそう促進されることを目的としています。これらの賞は、バイオサイエンス、バイオテクノロジーおよびバイオインダストリー分野すべての領域を対象に研究から産業化までの推進を目指した日本唯一の賞で、本年は、2018年1月10日(水)より募集を開始いたしました。

埼玉医大・ゲノム医学研究センター・遺伝子構造機能部門では博士研究員(RNA結合タンパク質と長鎖非コードRNAの機能制御と疾患の研究)を募集します。経験者でなくとも上記課題に意欲的に取り組む姿勢のある方も募集対象です。

第49回(平成30年度)自然科学研究助成
①総額 約3億円(1件2千万円以内、45件程度)
②応募開始日 平成30年1月10日(水)
③応募締切日 平成30年2月7日(水)午後5時
④助成の趣旨 近年の自然科学の進歩はめざましく、各学問分野の研究の深化はもとより分野間の相互作用により、つぎつぎに新たな研究領域が誕生しつつあります。このような状況のもとで本事業では、自然科学のすべての分野にかかわる独創的かつ先駆的研究を支援します。さらに、既成の概念にとらわれず、新しい発想で複数の領域にまたがる研究に対しても大きな期待をよせ、助成します。