公募情報等

国立遺伝学研究所(遺伝研)では、多様な生物やスパコンを用いた最先端の研究を進めるとともに、総合研究大学院大学(総研大)遺伝学専攻として大学院教育もおこなっています。
総研大のコンセプトは「優れた研究環境と人材を活用してトップクラスの研究者を養成する」です。遺伝研は、研究者を目指す学生にとって最高の研究環境を提供しています。大学院説明会で、すばらしい環境を体感してください。
遺伝研 大学院説明会

続きを読む…

研究分野:本研究所ではトランスオミクス医学研究センターを設置し、ゲノム・エピゲノム・トランスクリプトーム・プロテオーム・メタボロームのオミクスデータを横断的に取得し、それらを統合して新たな知識を発掘・展開する研究を推進しています。今回は、新設のトランスクリプトミクス分野において新たな領域を開拓する意欲のある方を募集します。着任後、准教授1名及び助教1名を新たに採用することができます。
公募サイトはこちら

続きを読む…

理化学研究所では、以下の要領で准主任研究員を公募します。
詳しくはこちら

准主任研究員制度とは
准主任研究員は、長期的視野を持ち、萌芽的かつ独創的研究を推進し、次世代の科学技術分野の国際的なリーダーシップを担う若手の研究者です。
准主任研究員は独立した研究室を主宰し、理化学研究所が有する、国内や海外に点在するさまざまな研究施設や、幅広い研究分野をカバーする理研研究室とのネットワークも活用しながら、機動性をもって研究を推進していただくことができます。
制度概要はこちら

続きを読む…

テキサス大学サウスウェスタン医学センター、および筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構、Qinghua Liu研究室では、博士研究員を募集しています。

<睡眠と恐怖の分子制御メカニズム>
当研究室では、マウスを用いた遺伝学的スクリーニングと古典的生化学の手法、最先端の質量分析機器や神経科学的手法などをバランス良く組み合わせ、睡眠や恐怖といった現象の制御回路を分子レベルで同定することを目指しています。

続きを読む…

<研究内容>
RNAサイレンシング機構がトランスポゾンの抑制をとおして、どのように哺乳動物(霊長類を含む)の生殖細胞形成に関与しているかを生化学、遺伝学、バイオインフォマティクスを用いて明らかにする。また、現在の教室スタッフと共同して研究を進める。

続きを読む…

遺伝子発現制御と長鎖非コードRNAの生理機能に興味を持ち、生化学・分子生物学、Bioinformaticsなどの手法を用いての遺伝子発現解析の経験者を希望いたします。また、RNAの生化学・分子生物学的解析, Bioinformaticsの経験がある方、国際的学術雑誌掲載に挑戦したい方を歓迎します。

続きを読む…

記事掲載のご案内

本ページへの情報掲載をご希望の方はこちらからページ名を添えてお知らせください。

会員の方はご自身で記事を投稿できます。