2021.04.14【お知らせ】ただいま PayPal側のシステム障害により、PayPal でのお支払い完了後、会員ステイタスが有効になるまでに2時間程度の遅延が生じる場合があります。

公募情報等

A postdoctoral position is available to study mechanisms and biology of post-transcriptional regulation. Some current topics of particular interest in the lab include (1) dysregulation of miRNA biogenesis in cancer and (2) tissue-specific alternative polyadenylation.

米国Thomas Jefferson大学のYa-Ming Hou教授がポスドクを募集しています。RNA研究に興味と経験のある方なら誰でも応募してほしいということです。Hou博士は明るく温かいお人柄で、日本人のポスドクも何人もいたことがあるので、働きやすいと思います。Thomas Jefferson 大学は、フィラデルフィアの中心部(自由の鐘のすぐそば)にあり、住むのには安全で便利な場所です。より詳しく聞きたい方は、直接Hou教授にご連絡されるか(ya-ming.hou[at]jefferson.edu)、私(東京都立大学理学部生命科学科准教授 安藤香奈絵(k_ando[at]tmu.ac.jp)まで。

A postdoctoral position is available with Professor Ya-Ming Hou at Thomas Jefferson University, Philadelphia, USA. We explore tRNA epigenetic changes and how these changes control gene expression at the codon level and in response to cellular stress at the new frontier of molecular biology and the central dogma. We use a synthetic biology approach with CRISPR-edited genomes and CRISPRi approaches to determine how changes in tRNA epigenetic biology impact cell fitness in human health and disease. We provide an intellectually stimulating environment and encourage global networking.

早稲田大学 理工学術院 先進理工学部 電気・情報生命工学科 バイオインフォマティクス研究室では,以下のとおり研究員・研究助手・研究補助員を募集いたします.

Stowers InstituteのDr. Ariel Bazziniがポスドクを募集しています。

東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 鈴木研究室では特任研究員を募集しています。

Max Planck InstituteのDr.Didier Stainierがポスドクを募集しています。

詳細は以下をご覧ください。

文部科学省科学研究費助成事業「新学術領域研究『学術研究支援基盤形成』」先進ゲノム支援(先進ゲノム解析研究推進プラットフォーム)では、最先端のゲノム解析及び情報解析技術を開発・整備し、多様な科研費課題に提供して支援することにより、我が国のゲノム科学ひいては生命科学のピーク作りとすそ野拡大を進めることを使命としています。
本公募はそのような支援に相応しい科研費課題を募るものです。

東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻 塩見研究室ではポスドク・博士研究員を募集しています。

基礎生物学研究所では、大学共同利用機関として、施設等の共同利用および基礎生物学研究所の研究者との共同研究を公募しております。

スウェーデンウメオ大のVasili Hauryliukとその奥さんのGemma Atkinsonがポスドクを募集しています。

記事掲載のご案内

本ページへの情報掲載をご希望の方はこちらからページ名を添えてお知らせください。

会員の方はご自身で記事を投稿できます。
入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: