公募情報等

早稲田大学 理工学術院 先進理工学部 電気・情報生命工学科 バイオインフォマティクス研究室では、CREST研究員・研究助手・研究補助員を募集します(AIアプタマー創薬)
 

名古屋大学大学院理学研究科の阿部研究室では、合成生物学分野における博士研究員あるいは特任助教の募集をいたします。

「先進ゲノム支援」(先進ゲノム解析研究推進プラットフォーム)は、文部科学省科学研究費助成事業の新学術領域研究『学術研究支援基盤形成』 において、最先端のゲノム解析及び情報解析技術を提供して我が国のゲノム科学ひいては生命科学のピーク作りとすそ野拡大を進めることを目指し、2016年4月から支援活動を開始しています。
「先進ゲノム支援」では支援活動の一環として情報解析講習会を開催しています。今年度は、中級者向けの講習会として、プログラミング言語「Python」を用いたRNA-seqデータの視覚化や多変量解析等のプログラミング実習を中心に、以下の要領で情報解析講習会を開催いたします。

最先端の生命科学研究について、研究者がわかりやすく講演します。講演者の他にも、遺伝研の研究者が会場に集結し、パネル展示を行います。また、大学院進学をお考えの方には、大学院(総合研究大学院大学・遺伝学専攻)について詳しくご紹介いたします。

日時 11月3日(土)12:30~16:00(12:00開場)
場所 学術総合センター2F 一橋講堂(東京メトロ「神保町駅」または「竹橋駅」より徒歩4分、JR「神田駅」より徒歩15分)

浅野研究室では大学院生(修士又は博士課程)を募集しています。

The two NICHD Tenure Track Investigator positions are available in groups headed by Alan G. Hinnebusch and Richard J. Maraia. The positions are in the Division of Molecular and Cellular Biology and the Division of Developmental Biology, respectively. A list of NICHD Intramural Scientists and their research interests can be found at https://www.nichd.nih.gov/about/org/dir/affinity-labs/labs.

宇宙航空研究開発機構では、国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の船内環境の特徴を最大限に活用して、国の科学技術イノベーション政策への貢献や自由な発想に基づく独創的かつ先導的で国際的に高い水準の研究を推進するため、FSテーマを募集しています。また、これまでにISS・「きぼう」で実施されたマウス飼育実験での未解析組織等を対象として、「きぼう」利用の裾野拡大及び軌道上実験での未解析試料の有効活用を目的としてマウスサンプルシェアを行う研究提案を募集いたします。

上智大学理工学部は、物質生命理工学科の専任教員の公募を行います。本学では、 理工学部を含め女性研究者支援を推進しており、優秀な女性研究者の積極的な応募を歓迎します。

フロリダ大学のMingyi Xie研究室でポスドクを募集しています。

Postdoctoral Researcher Position is available in the Laboratory of Dr. Mingyi Xie (Assistant Professor, Department of Biochemistry and Molecular Biology, Cancer Center, School of Medicine, University of Florida)

Wistar研究所(フィラデルフィア、USA)の西倉研究室ではポスドクを募集しています。

研究テ−マ

“RNA 編集酵素 ADAR1 の Genome Stability 維持機能”