公募情報等

生命機能科学研究センターは、個体の誕生から死までのライフサイクルの進行を、分子・細胞・臓器の連関による調和のとれたシステムの成立とその維持、破綻に至る動的な過程として捉え、個体の一生を支える生命機能の解明に取り組みます。この度、「翻訳構造解析研究チーム(チームリーダー: 伊藤 拓宏)」で行う課題を実施する研究系職員を募集します。

このたびJSTは、戦略的創造研究推進事業「CREST」「さきがけ」「ACT-X」において、2021年度の研究提案募集(第2期※)を開始いたしました。ご関心のある多くの方々のご応募をお待ちしております。
※2021年度の研究提案の募集・選考は、2019年度、2020年度に発足した研究領域(第1期)と2021度に発足する新規研究領域(第2期)とで、期間を2回に分けて行います。第1期は、既に募集を開始しております。第1期と第2期の募集期間が異なりますので、ご注意ください。

公益財団法人 大隅基礎科学創成財団では、第5期研究助成公募 【基礎科学(一般)】【基礎科学(酵母)】(応募期間:2021年5月6日~6月30日)を行うこととなりました。

詳細は、大隅基礎科学創成財団HP 研究助成公募要項ページ(https://www.ofsf.or.jp/activity/)、または添付書類をご覧ください。

一般財団法人バイオインダストリー協会では、第5回「バイオインダストリー大賞」「バイオインダストリー奨励賞」の候補者募集を行っています。

2017年よりスタートしました「バイオインダストリー大賞」、「バイオインダストリー奨励賞」は、表彰を通じて受賞者の業績が幅広く認知され、バイオテクノロジーの重要性への理解が深まり、研究開発がいっそう促進されることを目的とした、日本唯一の賞です。奨励賞は女性・若手の積極的な応募を期待しております。多数のご応募をお待ちいたしております。

募集締め切り:2021年5月6日(木)

◆バイオインダストリー大賞・奨励賞募集案内

       https://www.jba.or.jp/jba/osirase/5_award.php

 

科学技術振興機構(JST)は、既存の枠にとらわれない自由で挑戦的・融合的な研究を支援する「創発的研究支援事業」(原則7年間、約700万円/年)の第2回公募を2021年4月1日に開始致しました。
詳しくはこちらのサイトをご覧ください。https://www.jst.go.jp/souhatsu/index.html
みなさま、ふるってご応募ください。
*公募ポスターはこちら*
https://www.jst.go.jp/souhatsu/document/pre2021.pdf

国立遺伝学研究所(遺伝研)は、総合研究大学院大学(総研大) 生命科学研究科 遺伝学専攻として、大学院生の教育をおこなっています。 総研大のコンセプトは「優れた研究環境と人材を活用してトップクラスの研究者を養成する」ことです。 遺伝研は、研究者を目指す学生にとって卓越した研究教育環境を提供しています。大学院一日体験会に参加し、すばらしい環境を体感してください。

このたび、JSTでは、2021年度社会還元加速プログラム(SCORE)チーム推進型の公募を開始しました。SCOREは、大学等の優れた技術シーズを基にした成長ポテンシャルの高い大学等発ベンチャーの創出を促進するためのプログラムです。活動期間内に、実践的学習や仮説検証活動等を通してビジネスモデルの現実化・高度化を行い、起業やSTART申請に繋げることを目指します。起業という形で技術の社会還元を目指される、意欲の高い研究者の皆様からの応募を多数お待ちしております。広くご展開頂きますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

理化学研究所開拓研究本部 岩崎RNAシステム生化学研究室 (和光キャンパス)では特別研究員 (ポスドク)を募集しています。

ドイツのUniversity of MünsterのAndrea Rentmeister研究室でRNA修飾研究に携わるポスドクを募集しています。このポジションはフンボルト財団によりサポートされるものになります。

熊本大学発生医学研究所では、教授候補者または准教授(*独立准教授)候補者の公募を行います。とくに、器官・臓器の発生と再建について医学的背景を有した独創的な研究を展開し、発生医学研究所教員等との共同研究や研究交流を積極的に進めることのできる方の応募を歓迎いたします。

記事掲載のご案内

本ページへの情報掲載をご希望の方はこちらからページ名を添えてお知らせください。

会員の方はご自身で記事を投稿できます。
入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: