日本RNA学会会報(最新号)

新年の挨拶

塩見 美喜子(日本RNA学会会長)

新年明けましておめでとうございます。

大隅先生のノーベル賞受賞の興奮が冷めやらぬ中、2017年は、それでも厳かに静かに始まったというのが個人的な印象です。諸事情で、今年はどこへも遠出をせず、家族とともに新宿で新年を迎えましたが、穏やかな快晴に恵まれ、何とも清々しい気持ちでゆったりと三ヶ日を過ごすことができました。

RNAフロンティアミーティング2016に参加して

貞廣 暁利(京都大学大学院医学研究科)

京都大学ウイルス・再生医科学研究所・生体応答学研究部門感染防御研究分野(竹内理研究室)博士課程2年の貞廣暁利と申します。このたび、2016年8月31日から9月2日にかけて北海道で開催されました、「RNAフロンティアミーティング2016(以下、フロンティアミーティング)」に参加させていただきましたので、ミーティングの様子を学生目線でご報告させていただきます。

RNAフロンティアミーティング参加レポート

野瀬 可那子(福岡大学大学院理学研究科化学専攻)

2016年8月31日から9月2日にかけて北海道ニセコで行われたRNAフロンティアミーティング2016に参加させて頂いた、福岡大学大学院理学研究科化学専攻博士課程後期1年の野瀬可那子です。今回は、本ミーティングに参加して得られた経験やその感想などを踏まえて参加報告をさせていただきます。

RNAフロンティアミーティングは,文部科学省新学術領域「ノンコーディングRNAネオタクソノミ」および「新生鎖の生物学」による後援を受け,RNA関連の研究を行う若手研究者と大学院生を中心に交流と親睦をはかることを目的としたミーティングです.今年は北海道のリゾート地ニセコで開催され,地元の北海道大学からはもちろん,東京大学・京都大学を始めとする全国各地の研究機関より数多くの関係者が集まりました.例年通り,今年も本州が猛暑に見舞われていたようで,避暑地の北海道を楽しみにしていたと道外の参加者が口を揃えました.しかし普段台風と縁遠い北海道ですが, なぜか今年だけ何度も上陸して,今回フロンティアミーティングの初日にも警報が発表され,一時はどうなるかと思っていましたが,無事予定通り開催されてほっとしました.

第19回RNA学会年会開催のご案内

井川 善也(富山大学理工学研究部)

第19回日本RNA学会年会(RNAミーティング)を、2017年7月19日(水)から21日(金)の予定で富山国際会議場大手町フォーラム(富山市)にて開催いたします。

昨年は京都で国際学会(第21回RNA Society Meeting)が開催されたため、本年会は国際学会との併催として実施されました。国内学会としては2年ぶり、北陸地域では初の開催となる第19回RNAミーティングでは、日本発の優れたRNAサイエンスの成果が披露・発信されることを楽しみにしています。

「次世代を担う若手研究者のエンカレッジ」は本年会の重要な役割です。その主旨の企画(「青葉賞」の授与および前回受賞者の講演、キャリアパスセミナーなど)は今回も継続して実施を予定しています。

1974年夏

1974年の夏、遺伝学研究所の研究員だった老生は、2年間の留学予定で、米国ニュージャージー州にあるロシュ分子生物学研究所(以下RIMBと略す)へ出かけた。思い返すと、この年から、mRNAスプライシングの発見がある1977年までの3年間は、前の稿でのべたキャップの発見以外にも、RNA関連の大きな発見があいついで、熱く、忙しい期間だった。

HnRNAプロセシングの謎解明へ | プロローグ 

前のエッセイで書いたが、1975年末には、HeLa細胞のHnRNAの5′末端にキャップがあり、3′末端にPolyAがあることがわかった。長いHnRNAをRNAポリメラーゼIIが合成し、キャップはその転写初期に付加され、m6Aが中間にあり、転写の終了時に別のポリメラーゼが3′末端にPolyAをつけるという様子が次第にわかってきて、HnRNA(~25,000ヌクレオチド)と細胞質mRNA(~3,000ヌクレオチド)のPrecursor-Productの関係は見えてきた。

野本明男さんが主宰していた「さきがけと生体機能」は楽しく、実り多い会だった。特に、フォーマルプログラムが終わった後の座談会では気楽に、色々と話が弾んだ。野本さんの面倒見が良かったこともあるが、若い研究者やアドバイザーのコンビネーションが良かったのであろう。野本さんが亡くなったあとも、手弁当で集まる会が4年連続で続いているのは、さきがけのアドバイザーを3期やっているのだが、他に聞かない異色の集まりだ。

キャップ依存タンパク合成の発見

高等生物のウイルスメッセンジャーRNA(mRNA)がメチル化されていて、その頭にm7GpppNm-という特殊な構造があることが、1975年1月、Nature誌6、PNAS誌(Furuichi/Shatkin7, Wei /Moss8)、FEBS Lett. (Urushibara et al.29)で報告されてからは、世界中のmRNA研究者やタンパク合成に興味を持つ研究者には一斉に火が付いたようであり、ここでもスリリングな研究競争が始まった。mRNAキャッピングについては、それがどの様にして作られるのか、タンパク合成以外にも、どのような機能を持つのか疑問点はあったが、最も興味を集めたのは「タンパク合成への影響はどうなのか?」という点であったので、そこから始めたい。

ロシュ分子生物学研究所のポスドク期間は2年と決められているので、筆者が着任して1年が過ぎると、前からいた3人のポスドク達は次々と別の研究施設へ移っていった。彼らの後半の1年間は、mRNAキャッピングという先端的研究に関わることができたこともあり、良い論文を連発していたので、次の職場へも喜んで迎えられていった。イスラエルから来ていたサラ(Sara Lavi)、オーストラリアからのジェリー(Gerry Both)はそれぞれ故国の国立研究所に就職し、インド人ポスドクのクリシュ(Muthukrishnan)はカンサス大学の助教ということで、それぞれ、良いポストを得て散って行った。そして、この3人の代りに入ってきたのは、のちに世界的に名を馳せることになるマリリン(Marylin Kozak:コザックルールの発見者)とナフム(Nahum Sonenberg:eIF4Eの発見者)の二人と、それから、少し遅れて、毛沢東が起こした文化大革命の混乱の中を、家族を中国に置いて、留学してきた中年の中国人ダショウ(Dashaw Wong)である。この3人はそれぞれの理由で印象深い。

入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: