追悼文集

 平成26年11月13日、RNA学会会員であり、本学会の発展に永いあいだご尽力くださった野本明男先生がご逝去されました。先生の生前のご厚誼に感謝し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 野本明男さんが、3年間の癌との闘病の末、68歳の若さで亡くなった。闘病中も、彼が所長をしていた微生物化学研究所を訪ねたり、総括を務めていた「さきがけ・「RNAと生体機能」の研究会のためアドバイザーとして、一緒に紀州白浜へ出かけたりして、明るく元気そうな様子で振舞っていた野本さんを見ていたので、急逝されたことに大変驚いている。かけがえのない友人を失って寂しさはいまだ絶えそうもない。

 幾度、杯を重ねたでしょうか。どれだけ、議論したでしょうか。

 日本にとってかけがえのない科学者であり、リーダーであり、私にとって学問の先輩であり、不遜ながら敢えて言わせていただけるのであれば数少ない年上の友人、野本先生そして野本明男の何を書けば良いのでしょうか。
 野本明男は剣士でした。これで終わり、いかがでしょうか。
 神髄を見抜く人でした。本質だけを語る人でした。

  野本明男先生の早すぎる訃報に接し言葉を失っています。最後まで復帰を目指して闘っておられたお姿を見てきましたので、残念でなりません。今はただ、安らかにお眠りくださいと願うしかありません。ポリオウイルスを中心にした先生の数々の業績は私からご説明するまでもありませんので、ここでは先生との思い出を記させて頂きます。

 野本明男先生が平成26年11月13日に急にお亡くなりになった。私は、その3日ほど前に野本先生が公益財団法人微生物科学研究会の理事長を退任するご意向を表明されたとの話を伝え聞いたばかりだったので、愕然としたのだった。あまりにも急であった。今年の4月に微生物化学研究所でお会いしたときにはお元気の御様子であったので、貴重な友人を失った悲しみがこみ上げてくる。まぶたを閉じるとお元気な野本先生の思い出の数々が浮かび、「やあ」という声が聞こえてきそうである。残念でならない。

 2014年11月13日午前、野本明男先生がご自宅で静かに息を引き取られた。享年68歳。最後まで病と闘われた最後は、本当に穏やかであったらしい。しかしながら、多くの方々同様、私にもまだ実感がわかないままである。

入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: