COVID-19の感染拡⼤で、4月に緊急事態宣⾔が全国に発出され、私たちは2か⽉にもおよぶ⾃粛⽣活を余儀なくされました。⼀時は、全国の新規感染者数が⼀⽇で700⼈を超える⽇も経験しましたが、Stay homeが功を奏し、次第に感染者数が減少し、5月25日についに東京を含む⾸都圏の緊急事態宣⾔が解除されました。しばらくの間は予断を許さない状況が続きますが、ようやく⼈々の活動と活気が戻り、コロナと共に⽣きていくための新たな⼀歩を踏み出したような気持ちです。

はじめに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。また罹患された方々には心よりお見舞い申し上げます。また、日々病院や保健所で、命がけで治療や対応に追われている医療従事者の皆様に深い敬意と謝意を表したいと思います。本当にありがとうございます。

私は、RNA学会の一メンバーだ。日本RNA学会の鈴木勉会長が、学会会長として出された緊急メッセージで、「RNA研究者として今何ができるか?」と提言されている。このことについて真剣に考えてみた。

北海道大学遺伝子病制御研究所、RNA生体機能分野博士課程1年の高桑央と申します。この度、2019年9月24日から26日にIBM天城ホームステッド (静岡県伊豆市) で行われたRNAフロンティアミーティング2019に参加いたしましたので、その時の様子をご報告いたします。

東京大学理学系研究科生物専攻修士2年の山口そのみです。2019年9月24日から26日に行われたRNAフロンティアミーティング2019の様子をご報告します。

京都大学大学院医学研究科医学専攻 iPS細胞研究所齊藤研究室の角俊輔と申します。2019年9月24-26日に静岡県伊豆市IBM天城ホームステッドで開催されたRNAフロンティアミーティングに参加致しましたので、その様子をご報告させて頂きます。

理研岩崎RNAシステム生化学研、及び東工大田口研に所属しております博士課程2年の藤田智也と申します。今回、RNA学会のご支援をいただいてEMBL Protein synthesis and Translation controlに参加させて頂きましたのでご報告させて頂きます。

東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程2年の木村悠介と申します。この度、2019年9月にドイツのハイデルベルクで開催されたEMBO WORKSHOP「Protein Synthesis and Translation Control」への参加をご支援いただき、心より感謝申し上げます。学会の様子や出来事等についてご報告させていただきます。

東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻 鈴木研究室の高倉と申します。昨年日本RNA学会による国際会議参加費支援に採択をいただき、9月22日-27日にカナダのケベック州オ―フォードで開催されたRiboclub2019 Annual Meetingに参加させていただきましたので、時間が経ってしまいましたがその報告をさせていただきます。

はじめに

日本人若手研究者の、海外留学への意欲低下が指摘されて久しい。私は、1970年代に英国 CambridgeのMRC Laboratory of Molecular Biology (通称 LMB)、そして Stanford大学での、Pre-docそしてPost-doc 研究を経て、アメリカ東海岸フィラデルフィアにあるWISTAR研究所 (https://wistar.org/about-wistar) にて独立、長年アデノシンをイノシンに塩基修飾するタイプのRNA編集 (A-to-I RNA Editing) と、そのメカニズムに携わるADAR (Adenosine Deaminases Acting on RNA) 遺伝子群の研究を続けてきた。今回は、私自身の海外留学体験、RNA編集を研究してきた経過、米国での研究室を持つに際しての苦労、アメリカのサイエンスを牽引してきたNIH研究費支援制度等について、書いてみようかと思う。