2021.04.14【お知らせ】ただいま PayPal側のシステム障害により、PayPal でのお支払い完了後、会員ステイタスが有効になるまでに2時間程度の遅延が生じる場合があります。

受賞によせて

理化学研究所の岩崎信太郎と申します。この度、RNA学会のご推薦をいただき、平成31年度文部科学大臣表彰若手科学者賞をいただくことができました。鈴木勉会長をはじめ、評議員の諸先生方、ご推薦いただきました先生方、書類準備を手伝ってくださった庶務幹事の伊藤拓宏さんに厚く御礼申し上げます。また、普段から共同研究をさせていただいているRNA学会内外の諸先生方、これまで同じ研究室で研究生活を共に過ごしてくれたラボメイトのみなさん、また現在の研究室のメンバーみなさんに支えられての賞だと思っております。自分が賞を受賞した、というよりもこれまで一緒に研究を共にしてくれた周りの皆さんのただただ名代として賞を受けとっただけだと思っています。みなさま本当にありがとうございました。

東北大学大学院薬学研究科遺伝子制御薬学分野(稲田研)に所属している李思涵と申します。出芽酵母を用いて、不活性なリボソームRNAを取り込んだ機能不全リボソームの認識・分解機構について研究しております。昨年大阪で開催された第20回日本RNA学会年会にて青葉賞に選出して頂きました。初めてのRNA学会参加で口頭発表の機会を頂き、思いもかけず受賞することができ、心より感謝申し上げます。副賞として、国際学会の旅費援助を頂き、6月11日から16日に開かれたRNA Society年会(RNA2019)に参加することができました。歴史のある大きな学会に参加したいという思いに加え、開催地がポーランドのクラクフであることが非常に魅力的で、中欧に行ってみたいという気持ちで参加を決めました。今回は、RNA2019への参加について報告いたします。

入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: