学会からのお知らせ

  • 第10期評議員選挙管理委員会

    日本RNA学会第10期評議員選挙を、会則第11条および細則第7条にしたがって下記の選挙要項のとおり実施しますのでご案内します。前期から投票を学会ウェブサイトの専用ページにてオンラインで行っておりますので、以下の注意事項をよくご確認ください。会員のみなさまのご協力をお願いします。

  • 日本RNA学会 会員の皆様

    平素より、2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)にご協力いただき、誠にありがとうございます。

    さて、本大会では大会3日目に特別フォーラム「生命科学系学会の合同年次大会の役割を考える」を開催いたします。
    本フォーラムでは、今回の試みの検証を含め生命科学分野における学会の年次大会の意義及びあるべき姿などについて議論いたします。
    詳細については、下記の通りです。

    *日本RNA学会は、協賛学会としてConBio2017に参加します。
    日本RNA学会員は、日本分子生物学会または日本生化学会に入会していなくても、会員価格でConBio2017に参加でき、オンデマンド配信も視聴可能です。

  • 日本RNA学会 会員の皆様

    2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)の開催まであと1ヶ月を切りました。
    協催学会の皆様には様々な形で協力して頂き、まことにありがとうございます。

    演題の発表は締め切りましたが、後期事前/当日参加登録という形で、ConBio2017 には日本分子生物学会や日本生化学会員と同じ会員価格で参加することができます。
    また、協賛学会の方は参加して頂くことで、オンデマンド配信を視聴することが可能となります。

    *日本RNA学会は、協賛学会としてConBio2017に参加します。
    日本RNA学会員は、日本分子生物学会または日本生化学会に入会していなくても、会員価格でConBio2017に参加でき、オンデマンド配信も視聴可能です。
    日本RNA学会の学生会員年度会費はお得です。この機会をご利用ください。

 すべての「学会からのお知らせ」を見る

公募情報等

  • 埼玉医大・ゲノム医学研究センター・遺伝子構造機能部門では博士研究員(RNA結合タンパク質と長鎖非コードRNAの機能制御と疾患の研究)を募集します。経験者でなくとも上記課題に意欲的に取り組む姿勢のある方も募集対象です。

  • 第49回(平成30年度)自然科学研究助成
    ①総額 約3億円(1件2千万円以内、45件程度)
    ②応募開始日 平成30年1月10日(水)
    ③応募締切日 平成30年2月7日(水)午後5時
    ④助成の趣旨 近年の自然科学の進歩はめざましく、各学問分野の研究の深化はもとより分野間の相互作用により、つぎつぎに新たな研究領域が誕生しつつあります。このような状況のもとで本事業では、自然科学のすべての分野にかかわる独創的かつ先駆的研究を支援します。さらに、既成の概念にとらわれず、新しい発想で複数の領域にまたがる研究に対しても大きな期待をよせ、助成します。

  • A postdoc position is available in Dr. Francesca Aguilo's lab at at the Department of Medical Biosciences and Wallenberg Centre for Molecular Medicine in Sweden.
    A highly talented and motivated candidate with a strong background in molecular biology and expertise in CRISPR gene editing is desireble.

    Umeå University provides a creative environment for studies and research. We offer attractive education, world-class research and excellent innovation and collaboration opportunities. More than 4,300 employees and 31,500 students have already chosen Umeå University. Choose us, you too!

 すべての「公募情報」を見る

会報 最新号より

  • 林 立平(Julius Brennecke Lab, Institute of Molecular Biotechnology, Vienna)

    イギリスにいた頃に今でも忘れられない景色に出会ったことがある。ロンドンから西に電車で一二時間くらいのところにあるBathという街に週末に一人で出かけた時のことだ。Bathはローマ時代の公共浴場が重要遺産になっていることで知られる。しかし浴場は混んでいて長時間並んだ上に、入っても特段面白くなかった。Bathは小さい街で歩いても数時間あれば全部見て回れる。何となく歩いて丘の上にあるイギリス王室の別荘のような建物に辿り着き、そこからの勾配を利用したVictoria Parkを散策した。ブラスバンドが日曜日の演奏会をやっているのに少し足を止めた後、茂みを通り抜けると広大な芝生からBathの街が見下ろせる場所に出た。ただのだだっ広い芝生だ。両脇に小道があって気持ちよく坂を下ることができる。真ん中にベンチが置いてあってそこに座って休憩することもできる。私はそこに立ち尽くして恐らく一時間くらいその景色を眺めていたと思う。

  • 斎藤 和紀(ジョンズ・ホプキンズ大学)

    はじめに

    斎藤和紀と申します。 2015 年 5 月より、アメリカ合衆国のボルチモアにあるジョンズ・ホプキンズ大学のレイチェル・グリーン教授の研究室で細菌の翻訳機構の研究をしています。大学院では東京大学医科学研究所の中村義一教授の研究室に所属し、伊藤耕一先生の指導のもとで真核生物の翻訳を研究していました。伊藤耕一先生の東京大学新領域創成科学研究科教授への就任にもお供させていただき、長いことお世話になっていました。留学前から全くメジャーではなく、留学してからも注目されるような論文がでていない状況で、なぜ私に白羽の矢が立ったのか不思議です。もっぱら伊藤教授やグリーン教授のネームバリューだと思っています。グリーン研に来る前には、私も多くの体験談を読んで参考にさせていただきました。色々な方にこの寄稿を楽しんでいただければと思っていますが、特にこれから留学することを考えている方の参考になればと思っています。

  • 齋藤 都暁(国立遺伝学研究所・総合研究大学院大学)

    この4月に慶應義塾大学塩見研究室から情報・システム研究機構国立遺伝学研究所(以後、遺伝研)に異動しラボを持つことになりました。この地でラボを立ち上げて何事かを成し遂げねばと決意しているわけですが、何事かを為すには、孫子の教えでは「天の時」「地の利」「人の和」が必須だという言葉がありますので、この3つの観点から独立までの活動と独立後のラボの紹介をしていきたいと思います。

 すべての「会報」を見る

論文・出版物

入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: