学会からのお知らせ

すべての「学会からのお知らせ」を見る

公募情報等

  • RNA society Board Member Election

    現在、RNA society のBoard Memberの選挙の投票期間中です。RNA society のメンバーの方は、RNA society から送られてきているメールの要領に従い、投票をお願いします。

    候補者は以下の方々です。

    Gordon Carmichael (UCONN Health, USA)
    Soo-Chen Cheng (Academia Sinica, Taiwan)
    Archa Fox (University of Western Australia, Australia)
    Lori A Passmore (MRC Cambridge, UK)
    Yukihide Tomari (University of Tokyo, Japan)

    2019年4月23日(火)
  • NIIオープンハウス2019「未来価値創成 飛 情報学」

    NIIオープンハウスは、年に一度開催する研究成果発表・一般公開です。情報学に関する研究のデモ・ポスター展示や基調講演、ワークショップなどを行います。5月31日(金)は、基調講演に櫻田 謙悟氏(SOMPOホールディングスグループCEO/代表取締役社長/社長執行役員、経済同友会代表幹事)がご登壇するほか、企業向けの産官学連携セミナーを開催します。6月1日(土)は、NIIの研究者が合計100件の研究を紹介する「NII研究100連発」のほか、子どもから大人までが楽しめる「コンピュータサイエンスパーク」を開催します。

    2019年4月15日(月)
  • 国立遺伝学研究所 大学院一日体験会 博士課程(5年一貫制)・博士課程(3年次編入学)のご案内

    国立遺伝学研究所(遺伝研)は、総合研究大学院大学(総研大) 生命科学研究科 遺伝学専攻として、大学院生の教育をおこなっています。 総研大のコンセプトは「優れた研究環境と人材を活用してトップクラスの研究者を養成する」ことです。 遺伝研は、研究者を目指す学生にとって最高の研究教育環境を提供しています。大学院一日体験会に参加し、すばらしい環境を体感してください。

    2019年4月11日(木)
すべての「公募情報」を見る

会報 最新号より

  • <走馬灯の逆廻しエッセイ> 第13話 「リボザイムの発見:触媒活性を持つ不思議なRNA」

    Cell誌の論文から 

    1981年の3月、研究所のランチョンセミナーの順が廻ってきて、筆者は、話題提供のセミナーをすることになった。ロシュ分子生物学研究所は3つの研究部があり、それぞれが、1フロアを占めていて、各階には大きな図書室があり、セミナーはそこで行われる。聴衆はポスドクやラボチーフなど50人ほどで、ランチョンの時は皆がサンドイッチとコーヒを持って集まり、一時間ほどのセミナーを楽しむ。セミナーのタイトルや発表者は、2週間ほど前に張り出される研究所のカレンダー上で予告されていて、この昼の時間帯は、訪問者が来て話す場合もあるし、内部のものが話す場合もあるが、いつも活気があった。

  • Prof. Elisa Izaurralde 追悼文2

    平成30年4月30日、世界的なRNA研究者の一人であるProf. Elisa Izaurraldeがご逝去されました。心よりご冥福をお祈りいたします。RNA学会では、Prof. IzaurraldeのRNA研究への多大なご貢献に感謝し、Iain Mattaj研究室で同時期にポスドクとして在籍していた大野睦人会員に追悼文をいただきました。

  • 青葉賞の受賞によせて

    京都大学ウイルス・再生医科学研究所 感染防御分野竹内研に所属しております大学院生の吉永正憲と申します。私は鉄代謝の制御機構をRNA分解の観点から研究をしております。昨年初めて参加したRNA学会年会におきましてこの研究の発表をさせていただきましたところ、思いもかけず青葉賞に選出していただき、この場をお借りしてお礼申し上げます。今回はその副賞として国際学会参加をご支援いただきましたので、報告させていただきます。

すべての「会報」を見る