Items filtered by date: April 2018

  • Author(s) Masafumi Inui, Sho Mokuda, Tempei Sato, Moe Tamano, Shuji Takada, Hiroshi Asahara
  • Journal Nat Cell Biol. 2018 May;20(5):516-518.

Regular Members of the RNA Society of Japan were awarded the Commendation for Science and Technology by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology in FY2018.

The Young Scientists' Prize
Dr. Hiro-oki Iwakawa (IQB)
Dr. Takayuki Ohira (Tokyo University)

Prizes  for Science and Technology
Dr. Piero Carninci (RIKEN)

 

JST opened application submission for Strategic Basic Research Programs FY2018 (CREST, PRESTO and ACT-I).

Abstract Submission for RNA Meeting 2018 in Osaka has been open since April 1.
Abstract Deadline : Friday, June 1
Early-Registration Deadline : Friday, June 1 

We accept payment of registration fee by credit card only.

Date: From Wed, April 4 through Fri, April 6, 2018
Online
Agenda:
1. Nomination of candidates for the 9th JSPS Ikushi Prize

The president of the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) asks the President of the RNA Society of Japan to nominate an outstanding doctoral student who can be expected to contribute to Japan’s future scientific advancement for the 9th (FY2018) JSPS Ikushi Prize. Student Members are encouraged to apply for the nominee.
JSPS Ikushi Prize Top

日本RNA学会会報 第37号(2018年04月発行)目次

「最後の巻頭言」
   塩見 美喜子(日本RNA学会会長)
「アメリカ体験記」
   山路 剛史(Cincinnati Children’s Hospital Medical Center)
「RNAフロンティアミーティング2017の参加報告」
   中武 誠真(熊本大学)
「RNAフロンティアミーティング2017 参加報告」
   平島 智貴(京都工芸繊維大学)
「RNAフロンティアミーテイング2017参加レポート」
   武井 夏海(北海道大学)
「日本語版Ribosome profilingプロトコル」
   水戸麻理、岩崎信太郎(理化学研究所岩崎RNAシステム生化学研究室)

◇ RNAエッセイ <走馬灯の逆廻し|RNA研究、発見エピソードの数々>
「10. 40年ぶりのReunion」
「11. 一品目の新薬から3.4兆円評価の製薬会社への躍進」
   古市 泰宏

「編集後記」
   北畠 真(日本RNA学会第8期・第9期編集幹事)

 

 

Apr 05, 2018

編集後記

日本RNA学会第8期・第9期の編集幹事をつとめました、北畠です。

4年の間、RNA学会会報の編集を担当していました。いつもぎりぎりのスケジュールで突然にご寄稿依頼をお送りすることになってしまいましたが、こころよく執筆を快諾いただいた執筆者のみなさま、本当にありがとうございました。また、わたしの計画性のなさから、十分な執筆時間をご用意できない状態での依頼となってしまい、結果としてご寄稿がかなわなかった方々も多数いらっしゃいました。大変失礼いたしました。執筆者の方々、読者の方々、裏方で一緒に支えてくれた方々、RNA学会の会員・非会員を問わず、たいへん多くの方々に会報のために貴重なお時間をさいていただきました。みなさまのご協力により、多様性に富んだ会報の発行を続けることができました。ありがとうございました。