受賞によせて

この度、日本RNA学会からの推薦を受けて、令和2年度「科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞」を受賞することができました。受賞題目は「小分子非コードRNAによる遺伝子発現制御システムの研究」で、数千から数万という配列種の小分子RNAがゲノム中に多数存在する標的遺伝子を制御するメカニズムや、小分子RNAがエピジェネティック因子として働く新たなメカニズムに関する研究によるものです。本研究を進めていくうえで、塩見さんと美喜子さん、学生時代の恩師である金井さんと冨田勝さんをはじめとして、沢山の方々に多大なサポートを頂きました。この場をお借りして、みなさまにお礼を申し上げたいと思います。

東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 鈴木研究室でポスドクをしております穐近慎一郎と申します。昨年度に日本RNA学会および東京大学から推薦をいただき、「第10回日本学術振興会育志賞」を受賞することが出来ました。また昨年東京で開催された第21回日本RNA学会年会にて青葉賞に選出して頂きました。研究を始めた学部4年生のころからご指導いただいた鈴木勉先生をはじめ、評議員の諸先生方、ご推薦いただきました先生方、庶務幹事の伊藤様、会計幹事の築地様に厚く御礼申し上げます。これらの受賞に関しまして、編集幹事の甲斐田先生より原稿の依頼をいただきましたので、拙文ながら寄稿させていただきます。

入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: