巻頭言

COVID-19の感染拡⼤で、4月に緊急事態宣⾔が全国に発出され、私たちは2か⽉にもおよぶ⾃粛⽣活を余儀なくされました。⼀時は、全国の新規感染者数が⼀⽇で700⼈を超える⽇も経験しましたが、Stay homeが功を奏し、次第に感染者数が減少し、5月25日についに東京を含む⾸都圏の緊急事態宣⾔が解除されました。しばらくの間は予断を許さない状況が続きますが、ようやく⼈々の活動と活気が戻り、コロナと共に⽣きていくための新たな⼀歩を踏み出したような気持ちです。