2024.7.15 〜 7.29第25回日本RNA学会年会「発表演題のアーカイブ」を現在公開中です(要ログイン)。
ノーベル賞受賞者であるカタリン・カリコ博士による特別講演 (S-01) もご視聴いただけます。)


学会は、ポーランドのユジェフフで5月19-23日の5日間開催され、初めてのポーランド滞在を楽しみつつ、非常に充実した時間を過ごさせていただきました。滞在した5日間は幸い天候にも恵まれ、カラッとしたそよ風が心地よい非常に過ごしやすい気候でした。学会会場のホテルを出ると綿毛が舞っており、幻想的だったことが印象に残っています。
一方で、個人的には花粉症にかなり苦しめられ、ハンカチを手放せない日が続きました。旅先で花粉に苦しむなど露程も考えておらず、もちろん薬など持参していなかった私ですが、幸いにも学会で知り合った親切な研究者の方にアンチヒスタミンを分けていただき、事なきを得ました。ポーランドでは春先から初夏にかけて白樺、ポプラ、雑草などを原因に花粉症が多発するそうです。もしアレルギーをお持ちの方でポーランドに行かれる場合は、お気をつけください。
体調面ではほろ苦い経験をしましたが、学会中に行われたエクスカーションは、とても楽しむことができました。ユジェフフは首都のワルシャワから近いということもあり、エクスカーションではワルシャワ旧市街を回遊しました。戦争での破壊と再建、またショパンにまつわる話などワルシャワの魅力をガイドの方に説明していただきながら、美しい街々を散策し、好奇心がそそられる貴重な体験となりました。特に心惹かれたのが建築物の鮮やかさです。街中にカラフルな建物が並び、青空が背景となって非常に美しかったです。写真で少しでもその感動をお裾分けできたら幸いです。たくさんの魅力が詰まった街でしたので、ぜひ機会があれば訪れてみてください。


 

写真1 エクスカーションにて訪れたワルシャワ市街(その1)

 

写真2 エクスカーションにて訪れたワルシャワ市街(その2)

 

ここからはサイエンスの話をしたいと思います。今回参加したEMBO Workshop Molecular biology of mitochondrial gene maintenance and expressionは、その名の通り、ミトコンドリアゲノムにコードされる遺伝子の発現制御をテーマとした学会です。mtDNAの複製・ゲノム編集のセッションを皮切りに、転写、翻訳、生理機能に至るまで、計5日間にわたってミトコンドリア遺伝子発現の最新の研究発表が続くという、分野が少し離れた人から見れば非常にマニアックな学会であったと思います。しかし、ミトコンドリア翻訳が興味の中心にある私にとっては、まさに天国のような学会でした。RNA学会など広く分野をカバーした学会では、自らの研究フォーカスから少し離れた面白い研究・研究者と出会えることができ、それは学会の一つの魅力であると思います。一方で、このような興味の近い研究者が世界中から集まる学会では、また違った魅力があると感じました。オンタイムでディープなディスカッションができ、非常に刺激的で楽しい、しかしいい意味で非常に疲れる5日間でした。
今回このEMBO workshopを選んだのは、一つは研究テーマとのフィット性ですが、もう一つは分野の研究者達と会うことが目的でした。私たちの研究室ではシークエンス技術、特にリボソームプロファイリングを軸に、翻訳の制御メカニズムについて幅広く研究を進めています。そのうちの一つとして、最近ミトコンドリア翻訳にも力を入れ、私がそのテーマを担当しています。しかし、フォーカスをし始めてからまだまだ日は浅く、領域の中では新参者という立場です。長年分野を牽引してきた研究者たちに、「say hello」しようと、ボスの岩崎さんと意気込んで参加した学会でした。
そういった意味でこの学会は、私たちにとって非常に有意義なものになりました。今回の学会では、博士課程中にメインで行ってきた2つの研究テーマ(重力によるミトコンドリア翻訳制御機構、ミトコンドリア翻訳に特化したリボソームプロファイリングの開発)を、それぞれ私がポスターで、岩崎さんがトークで発表を行いました。これらの仕事は既にpre-printとしてBioRxivに掲載しているのですが、そのpre-printを読んでくれた方々がたくさんいて、予想もしていなかったポジティブなフィードバックをいただくことができました。実際、「ジャーナルクラブでpre-printを取りあげてラボのみんなで読み込んだよ」と声をかけて下さる方が複数名おり、トークやパネルディスカッションの中でも私たちのpre-printをcitationする形で紹介していただきました。分野として歓迎してもらえていることをひしひしと実感し、岩崎さんと2人で感動したことが強く印象に残っています。
「論文掲載前の仕事をpre-printとして積極的に掲載するべきか?」、ということは、個人の意見が分かれる点だと思います。スクープされるリスクもありますし、ネガティブな要素があることも確かです。一方で、最新の仕事をタイムリーに発表していくことで、評価してくれる研究者がいる、分野への貢献につながる、ということを今回改めて実感しました。昨今では査読のプロセスが長期化し、アクセプトまでに一年以上かかることも珍しくなくなってきているかと思います。すなわち、学術誌に掲載された論文は、一年以上も前の仕事であり、今まさにやっていることとは遠くかけ離れているということもあります。こういった背景の中で、どのように振舞っていくべきなのか、どこまでオープンサイエンスとするべきなのか、と考えさせられるいい機会となりました。難しく、明確な答えのない問いですが、アカデミアに生きる研究者の見習いとして、今後も考え自分なりの意見を持っていけたらと思います。
最後になりましたが、青葉賞受賞と渡航支援に際し、日本RNA学会の皆様には大変お世話になりました。改めて御礼申し上げます。今回の学会参加の経験を活かし、今後より面白い研究を展開できるよう邁進して参ります。そして何より、サイエンスを楽しんでいけたらと思います。

学会からのお知らせ

第25回日本RNA学会年会 発表演題のアーカイブが公開されました

第25回日本RNA学会年会 発表演題のアーカイブが下記の日程で公開されています。

ぜひご覧ください。

・公開期間:2024年7月15日(月)〜2024年7月29日(月)

URLhttps://www.rnaj.org/members/annual-meeting-archive

本アーカイブは、日本RNA学会の会員(一般正会員と学生正会員、および賛助会員、名誉会員の方々)、並びに、第25回日本RNA学会年会に参加登録された方がご覧になれます。

2024年07月15日 (月)

第25回日本RNA学会年会 発表演題のアーカイブへの登録が延長されました

第25回日本RNA学会年会 発表演題のアーカイブへの登録が下記の日程で延長されました。

・発表演題のアーカイブへの登録延長期間: 〜2024年7月11日(木)

演題登録がお済みでない方は、こちらから登録をお願いいたします。年会アーカイブの詳しい情報や動画の作成、ファイルのアップロード法についてはこちらをご参照ください。

また、登録期間の延長に伴い、公開期間も下記の日程へ変更されました。

・公開期間:2024年7月15日(月)〜2024年7月29日(月)

2024年07月05日 (金)

第33回木原記念財団学術賞 受賞候補者募集のお知らせ

標記の表彰について、木原記念横浜生命科学振興財団から学術賞の受賞候補者の推薦の依頼がありましたのでお知らせします。日本RNA学会長からの推薦を希望される正会員の方は、推薦事務要領を熟読の上、下記のとおり応募書類の提出をお願いします。提出期限は9月2日(月)正午です。

続きを読む…

2024年06月13日 (木)

会報最新号より

第25回日本RNA学会ミーティングレポート

 愛媛大学大学院・理工学研究科・応用生物学研究室所属、M1の山﨑颯太と申します。この度はRNAJ国内Travel Fellowshipに採択いただき、誠にありがとうございました。このような貴重な機会を頂き第25回日本RNA学会年会に参加できたことで、RNAについての最先端の研究を学べ、自身の研究活動に対する刺激を受けることができました。以下、拙文ではございますが学会参加報告をさせていただきます。

続きを読む…

2024年07月19日 (金)

RNA Society 2024参加報告

東北大学大学院薬学研究科・がん化学療法薬学分野D2の竹中 慶香と申します。私は修士課程の時にRNA研究の世界に足を踏み入れ、RNAリガーゼであるRTCB複合体によるtRNA断片量の制御機構について研究しました。現在は、RTCB複合体を介する経路と、ウイルス感染応答との関連性について研究しております。この度は、若手会員を対象にした国際会議参加支援「RNAJ Travel Fellowship」に採択していただき、ありがとうございました。本渡航支援を活用し、2024年5月28日から6月2日までイギリスのスコットランド(エディンバラ)で行われた「The 29th Annual Meeting of the RNA Society(以下、RNA 2024)」に参加し、ポスター発表を行いました。拙文ではございますが、現地の様子や、発表を通じて感じたことなどをご報告させていただきます。今後国際学会に参加したいと考えている若手会員の皆様の参考になりましたら幸いです。

続きを読む…

2024年07月19日 (金)

アメリカでのラボ選びと独立について

1. 自己紹介

この度、編集幹事の岩川さんから声をかけていただき、RNA News letterに投稿させていただくことになりました木村聡といいます。私は東京大学の鈴木勉先生の下でPhDを取り、2015年からボストンのMatthew Waldor博士のラボで8年間ポスドクとして研究していました。昨年の秋からアメリカのコーネル大学で独立し新しいラボを立ち上げています。アメリカにおける研究やFacultyポジションのジョブハントの経験をシェアしようと思います。アメリカへの留学や独立に興味がある方に参考にしていただければ幸いです。質問なども個別に連絡していただければ喜んで対応します。またラボでは学生やポスドクを募集していますのでもし興味のある方はぜひご連絡ください。連絡先はこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。です。

続きを読む…

2024年07月12日 (金)

公募情報等

兵庫県立大学大学院理学研究科教授公募

兵庫県立大学大学院理学研究科では、教授公募を開始いたしました。詳しくは、下記をご覧ください。
https://www.sci.u-hyogo.ac.jp/staff/index.html

2024年07月17日 (水)

助教(女性限定)の公募(京都大学理学研究科 SACRA)

関係各位

京都大学理学研究科附属サイエンス連携探索センター(SACRA)では,「数理を基盤として新分野の自発的創出を促す理学教育プログラム(MACS)」を推進するために数学,物理学・宇宙物理学,地球惑星科学,化学,生物科学のいずれかに関わる分野の研究を進める教員1名(助教,女性限定)の公募を開始しました.詳細は以下のサイトをご覧ください.

https://sci.kyoto-u.ac.jp/ja/news-312


参考
SACRA MACSプログラム
https://www.sci.kyoto-u.ac.jp/ja/academics/programs/macs
SACRA
https://sci.kyoto-u.ac.jp/ja/divisions/sacra

2024年06月17日 (月)

専任教員 公募/上智大学 理工学部 物質生命理工学科

上智大学理工学部物質生命理工学科では、専任教員の公募を行います。公募の詳細につきましては、以下のリンクからご確認いただけます。皆様のご応募を心よりお待ちしております。

上智大学 採用情報
https://piloti.sophia.ac.jp/jpn/info/employment/20230528_dmls/

 

 

 

2024年06月04日 (火)

RNA2024 in Tokyo

今後のイベント

賛助会員