今回は、RNA 2023およびジョイント開催されたSTEP Ahead into an RNA world workshopで計1週間強のシンガポール滞在となりました。シンガポールの街は非常に治安が良く、交通網や商業施設、美味しいご飯も充実しています。科学分野でも目覚ましい発展を遂げているシンガポールでのRNA Society meeting開催は、アジアのRNA研究の盛り上がりを象徴するイベントだったのではないでしょうか。私にとっても、2回目の国際学会、初めてのRNA Society meetingということでワクワクしながら当日を迎えました。

序盤のworkshopは、シンガポールで行われているRNA研究の内容を概観し参加者同士の交流を深めるという趣旨で、シンガポール国立大学(NUS)のキャンパス内で行われました。なんと参加者全員に渡航費支援が出るという太っ腹ぶりです。1日目は若手研究者による4つのトークに加え、シンガポールのRNA研究の紹介がありました。シンガポールでは、NUSや政府管轄の研究機関・A*STARといった、限られたいくつかの研究拠点に対して集中的に資金が投下されています。RNA研究においては、特に疾患や感染症関連で臨床応用を志向したプロジェクトがかなり多いようです。2日目は、Genome Institute of SingaporeのNGSプラットフォームとBioprocessing Technology Instituteを見学しました。一見きれいなビル街なのですが、建物に入ってみると次世代シーケンサーや細胞培養用の巨大なバイオリアクターがずらりと並んでいます。都心部からほど近いエリアに研究拠点が集まっているのは、国土が狭いシンガポールならではの光景だと感じました。

2日間のworkshopを通じて、各国の博士課程の学生と話す機会が多々ありました。印象的だったのは、自己紹介の後みな開口一番に「あなたはacademiaとindustryのどちらに行きたいの?」とキャリアの話が出ていたことです。各国のアカデミックポスト事情なども知ることができました。また、積極的にSNSのアカウントを交換していたのも日本だとあまり経験のないことでした。学生や若手研究者の方でまだアカウントをお持ちでなければ研究用のTwitterやLinkedInなど開設してみてはいかがでしょうか?

さて、後半はいよいよRNA2023です。3つのkeynote talkから、学会がスタートしました。個人的には、スプライソソームの構造解析で有名なYigong Shiのトークを聞けたのが感慨深かったです。2015年に決定された酵母スプライソソームの構造から近年報告されたマイナースプライソソームの構造まで網羅的に見ていく中で、構造解析技術の急速な発展とそのインパクトの大きさを改めて感じました。その後は、マリーナベイサンズ裏の植物園でのレセプションでした。mRNA医薬が注目を集めていることもあり、日本からの参加者の中には製薬企業の研究員の方もいらっしゃいました。

以降は連日朝9時から夜11時までトークやポスター発表など、ハードスケジュールであっという間の4日間でした。普段tRNA修飾やリボソームにフォーカスして研究をしている私にとって、幅広い題材のRNA研究に触れる貴重な機会となりました。2日目のポスターセッションでは、tRNAのシチジン修飾の新しい機能について発表しました。内容は第24回年会でお話しさせていただいたものです。初めての対面かつ英語でのポスター発表は緊張感がありましたが、計算科学、化学など多様なバックグラウンドの研究者の方々とディスカッションでき良い経験となりました。会場を見渡してみると、RNAの修飾や構造の検出法など新技術を題材とするポスターが多い印象です。各ポスターにPIクラスの審査員が付いており、議論の機会を増やす意味でも、こうしたシステムは日本の学会でも是非広まってほしいと感じました。ほかにも$200の賞金付きPoster prizeなど、発表者のモチベーションにつながる仕組みが導入されていました。ありがたいことに、私もPoster prizeを受賞することができました。

写真 1  Poster Presentation Prize受賞に際して (左:鈴木先生、右:鈴木研卒業生・現CSHLポスドクの石神宥真さん)

 

また会期の合間で、シンガポールにいらっしゃる平尾一郎先生、木本路子先生にお会いしました。長年研究されている人工塩基対を活用してタグシクス・バイオを創業、数年前に理研からA*STARに拠点を移して、シンガポールでまた新たな会社(Xenolis)を立ち上げられています。特に平尾先生は、私の指導教官である鈴木先生と昔同じ研究棟にいらしたご縁があるとのことで、サイエンスパークの研究施設を案内してくださいました。海外でポストと評価を得ることの大変さ、バイオベンチャー立ち上げと特許申請の難しさについて、貴重なお話をたくさん伺いました。お二人とも、「色々大変だけど、どうにかなるもんだよね」と楽しそうにお話しされていたのが非常に印象的でした。

写真 2 平尾一郎先生(右)、木本路子先生(右から2番目)と鈴木研メンバー

 

今回の学会期間は、改めてRNA研究の裾野の広さと盛り上がりを感じるとともに、様々なバックグラウンドのバイタリティ溢れる研究者の皆様に感化される1週間となりました。今後の研究生活も、日頃触れない研究領域にもアンテナを張りつつ、様々な研究者の方々と関わっていきたいと思います。最後になりましたが、青葉賞受賞と渡航支援に際し日本RNA学会の皆様には大変お世話になりました。改めて御礼申し上げます。

学会からのお知らせ

第25回日本RNA学会年会 発表演題のアーカイブが公開されました

第25回日本RNA学会年会 発表演題のアーカイブが下記の日程で公開されています。

ぜひご覧ください。

・公開期間:2024年7月15日(月)〜2024年7月29日(月)

URLhttps://www.rnaj.org/members/annual-meeting-archive

本アーカイブは、日本RNA学会の会員(一般正会員と学生正会員、および賛助会員、名誉会員の方々)、並びに、第25回日本RNA学会年会に参加登録された方がご覧になれます。

2024年07月15日 (月)

第25回日本RNA学会年会 発表演題のアーカイブへの登録が延長されました

第25回日本RNA学会年会 発表演題のアーカイブへの登録が下記の日程で延長されました。

・発表演題のアーカイブへの登録延長期間: 〜2024年7月11日(木)

演題登録がお済みでない方は、こちらから登録をお願いいたします。年会アーカイブの詳しい情報や動画の作成、ファイルのアップロード法についてはこちらをご参照ください。

また、登録期間の延長に伴い、公開期間も下記の日程へ変更されました。

・公開期間:2024年7月15日(月)〜2024年7月29日(月)

2024年07月05日 (金)

第33回木原記念財団学術賞 受賞候補者募集のお知らせ

標記の表彰について、木原記念横浜生命科学振興財団から学術賞の受賞候補者の推薦の依頼がありましたのでお知らせします。日本RNA学会長からの推薦を希望される正会員の方は、推薦事務要領を熟読の上、下記のとおり応募書類の提出をお願いします。提出期限は9月2日(月)正午です。

続きを読む…

2024年06月13日 (木)

会報最新号より

アメリカでのラボ選びと独立について

1. 自己紹介

この度、編集幹事の岩川さんから声をかけていただき、RNA News letterに投稿させていただくことになりました木村聡といいます。私は東京大学の鈴木勉先生の下でPhDを取り、2015年からボストンのMatthew Waldor博士のラボで8年間ポスドクとして研究していました。昨年の秋からアメリカのコーネル大学で独立し新しいラボを立ち上げています。アメリカにおける研究やFacultyポジションのジョブハントの経験をシェアしようと思います。アメリカへの留学や独立に興味がある方に参考にしていただければ幸いです。質問なども個別に連絡していただければ喜んで対応します。またラボでは学生やポスドクを募集していますのでもし興味のある方はぜひご連絡ください。連絡先はこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。です。

続きを読む…

2024年07月12日 (金)

RNA2024 参加報告

東京大学理学系研究科・濡木研究室の澤田和宏です。2023年度の第24回日本RNA学会において光栄なことに青葉賞をいただくことができました。第24回年会では多くの方に発表をお聞きいただき、様々なアドバイスや応援の言葉を賜り、大変貴重な経験をさせていただきましたこと、改めて御礼申し上げます。この度青葉賞の副賞として海外渡航支援をいただきRNA Society Annual Meeting 2024(以降RNA 2024)に参加して参りましたので、これから海外学会に参加される皆様の参考とモチベーションになることを願い、僭越ながらその様子を共有させていただきます。

続きを読む…

2024年07月12日 (金)

第25回日本RNA学会年会 参加報告

奈良先端科学技術大学院大学 分子免疫制御研究室に所属しております博士後期課程2年の廣木秀哉と申します。この度、RNAJ国内Travel Fellowshipsに採択していただきありがとうございました。

続きを読む…

2024年07月06日 (土)

公募情報等

兵庫県立大学大学院理学研究科教授公募

兵庫県立大学大学院理学研究科では、教授公募を開始いたしました。詳しくは、下記をご覧ください。
https://www.sci.u-hyogo.ac.jp/staff/index.html

2024年07月17日 (水)

助教(女性限定)の公募(京都大学理学研究科 SACRA)

関係各位

京都大学理学研究科附属サイエンス連携探索センター(SACRA)では,「数理を基盤として新分野の自発的創出を促す理学教育プログラム(MACS)」を推進するために数学,物理学・宇宙物理学,地球惑星科学,化学,生物科学のいずれかに関わる分野の研究を進める教員1名(助教,女性限定)の公募を開始しました.詳細は以下のサイトをご覧ください.

https://sci.kyoto-u.ac.jp/ja/news-312


参考
SACRA MACSプログラム
https://www.sci.kyoto-u.ac.jp/ja/academics/programs/macs
SACRA
https://sci.kyoto-u.ac.jp/ja/divisions/sacra

2024年06月17日 (月)

専任教員 公募/上智大学 理工学部 物質生命理工学科

上智大学理工学部物質生命理工学科では、専任教員の公募を行います。公募の詳細につきましては、以下のリンクからご確認いただけます。皆様のご応募を心よりお待ちしております。

上智大学 採用情報
https://piloti.sophia.ac.jp/jpn/info/employment/20230528_dmls/

 

 

 

2024年06月04日 (火)

RNA2024 in Tokyo

今後のイベント

賛助会員