私はコロナ禍の2021年に大学院進学をきっかけにRNA生物学の世界に足を踏み入れました。学内での交流も制限される中で所属研究室の先輩からRNAフロンティアミーティング2022開催のお知らせをいただき、学外の研究者の方々と交流し視野を広げるよい機会だと思い、参加させていただきました。

RNAフロンティアミーティング2022では10月11日〜10月13日の3日間にかけて、参加者全員が口頭発表を行いました。全体を通して発表者・質問者共に和やかな雰囲気で、かつ活発に質疑応答が交わされていたことが印象的でした。私自身、初めての口頭発表で不安もありましたが、楽しく発表することができ、結果として最優秀プレゼンテーション賞を頂きました。一括りに「RNA」と言っても、私のように小分子RNAを扱っている人から、ストレス顆粒、また技術開発まで多様な分野の方が参加しているなかで、このような賞をいただけたことを光栄に思います。

口頭発表に併せて行われた野島先生・今村先生の特別講演では、研究の着想から現在の研究テーマに至るまでの流れに加えて、研究者としての遍歴や海外での生活のお話なども伺うことができ、大変参考になりました。

夕食後はワールドポスター形式でのグループディスカッションがありました。ここでは少人数のグループでイントロダクションに焦点を当てた発表を行いました。他分野の研究背景への理解が深まったことももちろんですが、口頭発表で気になったところを発表者に直接聞く機会が得られたことも有意義でした。

3日間に渡るプログラムでしたが、もっと時間が欲しい!と思うほど非常に充実した時間でした。また、皆さまの発表に刺激を受け、今までと異なる視点から自分の研究を見つめ直すことができる良い機会となりました。そして、何よりも嬉しかったことは、RNAフロンティアミーティングを通じて、これから先も切磋琢磨し合っていきたいと思えるような同世代の研究者の方々と知り合えたことでした。

次のRNAフロンティアミーティングは2023年10月18日〜20日に熊本にて開催されます。口頭発表やディスカッションを通して一歩成長したい方、研究者仲間との出会いを通して自分の研究を広げていきたい方など、少しでも興味を持ってくださった方にはぜひ参加していただきたいです。

このような機会を設けてくださった先生方、ディスカッションしてくださった学生の皆さまに感謝いたします。

また皆さまにお会いできる日を楽しみに、研究に邁進したいと思います。

東京大学理学系研究科生物科学専攻 塩見研究室 盛藤舞 

学会からのお知らせ

第33回木原記念財団学術賞 受賞候補者募集のお知らせ

標記の表彰について、木原記念横浜生命科学振興財団から学術賞の受賞候補者の推薦の依頼がありましたのでお知らせします。日本RNA学会長からの推薦を希望される正会員の方は、推薦事務要領を熟読の上、下記のとおり応募書類の提出をお願いします。提出期限は9月2日(月)正午です。

続きを読む…

2024年06月13日 (木)

令和7年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 被推薦者募集のお知らせ

標記の表彰について、文部科学省研究振興局から【科学技術賞】及び【若手科学者賞】、【研究支援賞】の受賞候補者の推薦の依頼がありましたのでお知らせします。つきましては、日本RNA学会長からの推薦を希望される正会員または名誉会員の方は、推薦事務要領を熟読の上、下記のとおり応募書類の提出をお願いします。提出期限は7月1日(月)正午です。

続きを読む…

2024年06月13日 (木)

第25回日本RNA学会年会 発表演題のアーカイブへの登録が開始されました

第25回日本RNA学会年会 発表演題のアーカイブへの登録が下記の日程で開始されました。

発表演題のアーカイブへの登録期間: 2024年6月10日〜2024年7月1日

年会アーカイブの詳しい情報や動画の作成、ファイルのアップロード法についてはこちらをご参照ください。

2024年06月11日 (火)

会報最新号より

オリジナリティを生み出す風土

第13期会長に就任しました大阪大学生命機能研究科の廣瀬です。私は日本RNA学会の発足時からの会員で、この学会と共に研究の道を歩んできました。発足当時を思い起こすと、まさか自分がこのような重責を担うことになるとは想像もしていませんでしたが、これまでの偉大な先人たちが紡いできたRNAを結ぶ糸を受け継ぎ、この学会がさらに良い形で発展するよう尽力して参ります。皆様のご協力とご鞭撻をよろしくお願いいたします。

続きを読む…

2024年06月04日 (火)

核内キャップ構造結合タンパク質精製物語(2)

前回この原稿を書かせていただいたのは2021年であり、2年半ほどが経ってしまった。この間に、コロナが猛威をふるっていたが、この原稿を書くきっかけとなったmRNAワクチンのおかげもあってか何とか終息しつつあるように思える(実際はまだまだ広まっているのかもしれないが)。しかしそれよりも何よりも、その間に二人の偉大な先達を失ってしまった。キャップ構造発見者のお一人である古市泰宏先生と、私の指導教員でもある志村令郎先生である。怠けていたわけではないが、日々の教育・研究にかまけているうちに、お二人に読んでいただく機会がなくなってしまった。残念極まりない。もっとも、志村先生に読んでいただいた場合、「そんなことも考えてなかったのか!」とお叱りを受けそうである。編集幹事も甲斐田さんから小宮さんに代わられたが、小宮さんにも執筆をご快諾いただいた。もともと私の経験談(失敗談)を若い方達に聞いてもらうという趣旨だったので、気を取り直して書こうと思う。

続きを読む…

2024年04月11日 (木)

公募情報等

助教(女性限定)の公募(京都大学理学研究科 SACRA)

関係各位

京都大学理学研究科附属サイエンス連携探索センター(SACRA)では,「数理を基盤として新分野の自発的創出を促す理学教育プログラム(MACS)」を推進するために数学,物理学・宇宙物理学,地球惑星科学,化学,生物科学のいずれかに関わる分野の研究を進める教員1名(助教,女性限定)の公募を開始しました.詳細は以下のサイトをご覧ください.

https://sci.kyoto-u.ac.jp/ja/news-312


参考
SACRA MACSプログラム
https://www.sci.kyoto-u.ac.jp/ja/academics/programs/macs
SACRA
https://sci.kyoto-u.ac.jp/ja/divisions/sacra

2024年06月17日 (月)

専任教員 公募/上智大学 理工学部 物質生命理工学科

上智大学理工学部物質生命理工学科では、専任教員の公募を行います。公募の詳細につきましては、以下のリンクからご確認いただけます。皆様のご応募を心よりお待ちしております。

上智大学 採用情報
https://piloti.sophia.ac.jp/jpn/info/employment/20230528_dmls/

 

 

 

2024年06月04日 (火)

助教の募集/福岡大学理学部化学科機能生物化学グループ生体分子化学研究室

福岡大学理学部化学科機能生物化学グループでは、教育・研究体制の充実を図るため、教員(助教)の公募を行っております。公募の詳細につきましては、以下のリンクまたはホームページからご確認いただけます。皆様のご応募を心よりお待ちしております。
 
2024年06月03日 (月)

RNA2024 in Tokyo

今後のイベント

266月
第25回日本RNA学会年会
2024年06月26日 9:00AM
1811月
第29回国際tRNAカンファレンス
2024年11月18日 - 11月22日

賛助会員