15th General Meeting FY2013

片岡 直行(第7期庶務幹事)/ Naoyuki Kataoka (Term 7 General Affairs Secretary)

日 時:2013年7月25日(木)17:50 〜 18:50
場 所:愛媛県民文化会館 ひめぎんホール

  1. 塩見会長が開会挨拶を行った。
  2. 総会議長に神谷由紀子氏、副議長に細田直氏を選出した。
  3. 委任状および議場参加者の確認を行い、総会成立に必要な 100 名を越えていることが神谷議長から報告され、総会の成立が宣言された。
  4. 片岡庶務幹事より、下記の報告が行われた。
    • 2013 年 7 月 12 日現在、正会員 610 名(一般会員 422 名、学生会員 188 名)、寄贈・賛助 会員は 9 団体、名誉会員は 1 名。会員数は昨年度より微減。
    • 第四回日本学術振興会「育志賞」に学会より 1 名の推薦
    • RiboClub2013 への参加援助として、学生会員 12 名に 15 万円ずつ援助する。
    • 2014年の第16回日本RNA学会は、名古屋市立大学の星野真一会員を集会幹事とし、2014 年 7 月 23 日(水)~ 25 日(金)に、愛知県名古屋市 ウインク愛知で開催予定であることが説明され、学会員への参加・協力要請があった。 また、本年度と同様に口頭発表スライド及びポスターの使用言語は英語とし発表は日本語・英語ともに可とすることが報告された。
    • 本年度日本で開催されるアミノアシル tRNA 合成酵素ミーティング(AARS2013)への 協賛の決定と、今後の後援・援助には、日本 RNA 学会が定めた必要書類を提出後、役 員会での審議を経て承認されることが報告された。
    • 事務局から会費納入と、自動引き落としの依頼、および、所属情報のアップデートの依頼があった。
  5. 杉浦会計幹事から 2012 年度の収支決算の説明、会計監査委員による同決算の監査結 果が報告され、異議無く承認された。
  6. 杉浦会計幹事から 2013 年度予算案が提出され、異議無く承認された。
  7. 堀集会幹事より、第 15 回年会の開催状況が報告された。
  8. 星野集会幹事より、第 16 回年会の開催準備状況が報告された。
  9. 泊評議員よりRiboclub2013およびAustralia RNA Societyとの連携についての説明があった。
  10. 2016年年会長に選出された塩見美喜子氏より、日本で開催されるRNA2016についての準備状況の説明と学会員への協力要請があった。
  11. 男女共同参画の企画として行われたランチョンセミナーについて、宮川男女共同参画担当幹事より報告があった。
  12. RNAフロンティアミーティングのアナウンスが、世話人の東京大学 三嶋雄一郎会員より行われた。
  13. 神谷議長より閉会の挨拶があり、総会が終了した。
Don't have an account yet? Register Now!

Sign in to your account